収録後、インタビューに応じてくれた笹川友里アナ

写真拡大

ゲストの「人生で最高においしかったもの」の話を深掘りしていく、グルメトークバラエティー「人生最高レストラン」(毎週土曜夜11:30-0:00TBS系)。

【写真を見る】最近の料理について、自身のこだわりを語る笹川アナ

本番組では、ゲストにとっての「人生最高の一品」から見えてくる人生の思い出や苦労話などのエピソードを引き出し、ゲストの素顔や魅力に迫る。12月2日(土)の放送では、賀来賢人がゲストで登場する。

今回は、徳井義実と共にMCを務める笹川友里アナウンサーにインタビューを実施。2017年1月の放送開始からもうすぐ1年を迎える笹川アナに、番組への思いや自身の「食」にまつわるエピソードなどを語ってもらった。

――番組開始から、もうすぐ1年。振り返ってみていかがですか?

徳井さんとレギュラーで一緒にお仕事するのは、この番組が初めてでした。本当に気さくないい方ですし、京都ご出身ということもあって出汁(だし)にすごく詳しかったり、養鶏場を営まれているおじいさまの影響で鶏や卵にもすごくこだわりがあって、そのお話を聞くのもすごく楽しいです。

また、ゲストの方の食べ物の話も、毎回すごく熱いです。食べ方にこだわりを持たれていたり、おいしいお店にたくさん行かれている方が多いので、私も毎回収録で聞いたお店のメモをとって、検索したりして楽しんでいます。

この番組に関しては、周りの友人や同僚から「この間のオンエアで紹介してたお店、すごくおいしそうだったね!」って言われることがすごく多いんです。制作チームもすごくこだわって映像を撮っているので、反響があるのが本当にうれしいですね。

――この番組に携わるようになってから、食に対してのこだわりやお店を選ぶポイントは今までと変わりましたか?

変わりました。この番組にいらっしゃるゲストの方々は、よく店主さんとの思い出を語ってくださるんです。どういう方がどんな思いを込めて作ってくださったのか分かると、食べる時の気持ちが変わります。なので、最近はお店の方に積極的に話し掛けるようにしています。

仲良くならないと出してもらえないメニューもありますし、「お店の人と仲良くなって常連になるぞ!」という思いで行くと、お店の人との距離感も変わってきました。

――他の料理番組にはないこの番組の魅力とは何ですか?

食べ物が実際に出てきて、それを食べるという番組は多いと思うんですが、この番組は食べ物をおいしそうに語っているゲストの方の顔のアップが多いですよね。

「その場で食べた時の顔」ではなく、「食べた時のことを思い出している顔」って、本当においしそうなんです。「その方の思い出を食べる」っていう番組のコンセプトを聞いた時、最初は「いや食べ物が食べたい!」って思っちゃったんですけどね(笑)。

映像を見て「このお店に行きたい!」と思えますし、次につながる番組だと思います。

――ゲストの方々の話で、印象に残っている話はありますか?

大竹しのぶさんの、さばの缶詰のお話です。

真冬の映画撮影の時に、撮影がどんどん長引いて製作費がなくなっていったことがあったそうなんです。ロケ弁当もおにぎりとたくわんが続いて、おかずもない状況だった時に、ロケ車のドライバーさんが町で買ってきてくれたさばの水煮の缶詰をみんなでちょっとずつ分けながら召し上がったっていうお話を話してくださって…。

そのエピソードを聞いた時、「本当においしかったんだろうなぁ」って、心に染み入りました。ゲストの方々の人生の背景がリンクした食べ物のお話は、やっぱりいいですね。

――自宅で料理はされるんですか?

「料理しなさそうだよね」ってすごく言われるんですけど、意外と好きなんです(笑)。実家に住んでいた頃は一切しなかったんですけど、この番組がきっかけで出汁をとるようになったり、卵焼きを何回も作ったりして研究するようにもなりましたね。

――料理をする時に意識していることは、ありますか?

料理始めたばかりの頃は、味を見失っていろいろな物を入れてしまっていました。なので、最近は“シンプルが一番”ということを学んで、余計なことはしないようにしています。「ここ足したいけどやめておこう!」って最初は最低限だけ入れて、そこからちょっとだけ足していくんです。

私、すごくがさつなので、料理の時だけは慣れて自分で味付けできるようになるまでは、きちんと分量を計ってますね(笑)。自分の性格を分かっているので、「大ざっぱにやったら失敗する!」って(笑)。まだまだ修行中です。

――番組開始当初、「人生最高の一品」は“母が作るひじきの煮物”だと聞きましたが、約1年たって、新たに「人生最高の一品」に加わったものはありますか?

私、実は小鉢フェチなんです(笑)。自分でも小鉢料理を作るようになって、最近は“牛肉のしぐれ煮”がお気に入りです。結構脂身が多いお肉を使うので、お給料日の後とかに奮発してちょっと高級なお肉を買います(笑)。

あと、出汁をとった後に残ったかつおぶしを刻んでフライパンでいって、みりんとおしょうゆ、胡麻を入れて作る“おかか”も好きです。それをご飯にのせて食べると最高なんです!

「『人生最高レストラン』で紹介されたお店の店主さんは、こんなふうにやっていたなぁ」って思い出して作ることが多いですね。本当に勉強になります。

――12月2日(土)放送分は“ごはんに合うおかず”がテーマでしたが、ご自身の作るおかずで自信があるメニューを教えてください。

かぶとひき肉の煮物です。この間、友人に野菜の甘みを引き出してくれる鍋をもらったので、その鍋で作りました。

片栗粉を最後に入れて、ちょっとあんかけっぽくするんです。しょうがをたくさん入れるのですごく温まりますし、評判は上々ですね(笑)。

――1番好きな食べ物のジャンルは何ですか?

和食です。やっぱり、小鉢が好きなので…(笑)。番組ではよく、おかずが入った大皿がいくつも並んでいるようなお店が紹介されるんですけど、「東京って、そういうお店あまりないよね」って徳井さんたちと話していたんです。

でも、この間白金にあるそういうお店に、上司が連れて行ってくれたんです。そこはカウンターが「コ」の字になっていて、自分がおかずを取った時に隣のお客さんにもよそって「よかったら」って回すんです。

そこで話も生まれるし、すごくそういうのに憧れていたので通いたいですね。

――1人で食事に行くことは多いんですか?

圧倒的に1人飯が多いですね(笑)。カウンターも大好きです。さすがにお酒を1人で飲むような格好いい大人にはなれていないんですけど、この間は白金にあるおそば屋さんに仕事帰りにふらっと入って、おそばと出し巻き卵ととりわさを食べてきました。でも、鍋とかはみんなで食べたいですね。

――行きつけのお店はありますか?

カジュアルな所でいうと、家の近くのサラダ屋さん。週3〜4くらいで行くので店員さんが「仕事もう終わりですか?」って、よく話し掛けてくださるんです。

それから、オープン当初からよく行っていた、ある中華屋さん。お店の方もやっぱり研究をされているので、味が少し変わったりとかするんです。

それに気付いて「今日のちょっと違いますね!」って言うと、すごく喜んでくださるんです。「おいしい!」ってちゃんと口に出したりするこちら側の姿勢も、お店の方にとっては大事なんだということをこの番組で知りましたね。

以前、徳井さんとYOUさんと高橋(茂雄)さんと4人で一度お食事に行ったお店には、今でも何度か行っています。徳井さんたちとご一緒したのは初めてだったのでその空間が忘れられないですし、やっぱり好きな人たちと食べると味も忘れられないですね。

――最後に、12月2日(土)放送分の見どころを教えてください。

私はドラマ「Nのために」(2014年、TBS系)が大好きで、毎週リアルタイムで見ていました。なので、ドラマに出演されていた賀来さんと徳井さんが並んでいるのを見て、個人的にすごく感動しました(笑)。賀来さんはクールな方かと思いきや、とても熱い方でした。

すごく格好いい方ですし、「イタリアンとか少し高めの中華を召し上がるのかな?」って思っていたら、意外にも親しみやすい食べ物が多くて。

でもその中でやっぱり普通とは違う、“キラッと輝く何か”があるんです。なので、賀来さんがご紹介されていたお店には、絶対行きたいと思っています!(ザテレビジョン)