【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は29日、北朝鮮が同日午前3時17分ごろ、西部の平安南道・平城付近から東海に向け長距離ミサイル1発を発射したと発表した。

 合同参謀本部は、ミサイルの高度が約4500キロ、飛行距離が約960キロだと説明した。ミサイルの飛行距離は高度の2〜3倍に達するため、飛行距離が最大1万キロを超える大陸間弾道ミサイル(ICBM)と推定される。

 北朝鮮が9月に発射した中距離弾道ミサイル「火星12」は最高高度約770キロ、飛行距離は約3700キロだった。