最近、ロシアの大手総合金融グループ「メトローポル」の社長、ミハイル・スリペンチュク氏(52)を訪ね、日露関係とロシアビジネスに関して話を聞いた。

 スリペンチュク氏はいわゆるオリガルヒ(ソ連解体後の新興財閥)として知られた人物で、日本文化と空手を愛する日本びいきでもある。

 スリペンチュク氏のことは、NHKが2009年に放送した「揺れる大国プーチンのロシア プーチンのリスト 〜強まる国家資本主義〜」で知った方も多いかもしれない。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

プーチンのリストから漏れた後に

 プライベートジェットで世界を飛び回り、政府の資金に頼らないことをモットーにしてきたスリペンチュク氏だったが、リーマン・ショック後に資金繰りに追われて事業がストップする。

 そこで方針を変更し、外貨を大量保有する国家の資金援助を得るため「プーチンのリスト」入りを目指す、という主題のドキュメンタリーだった。

 番組はスリペンチュク氏の会社がプーチンのリストに漏れたところで終わっていたので、筆者はその後、彼の人生がどうなったのか興味をもっていた。

 スリペンチュク氏は2011年にブリヤート共和国からロシア国家院(下院議会)選挙に出馬し当選、政界入りした。与党「統一ロシア」に所属し、天然資源・環境保護委員会の副委員長や、国家院における露日友好議連の会長、北極グループ長などを務めた。

 議員在任中には次のようなスキャンダルが報じられた。

 2012年7月、「ノーヴァヤ・ガゼータ」紙は、「スリペンチュク氏は、ロシアからウクライナへのガス供給ビジネスに参加するため、女性企業家を通してウクライナ大統領に賄賂を渡そうとした。しかしお金は銀行の貸金庫から盗まれた」と伝えた。

 同記事の中でスリペンチュク氏は「ガス契約に参加しようとしたことはない。資金はビジネスパートナーに貸しただけ」とコメントしている。

 また、経済紙「コメルサント」は、政府系企業「ダイヤ宝石輸出」社をめぐる事件について数回にわたって伝えた。

 「ダイヤ宝石輸出」のトップマネージャーが、同社が「国際株式銀行」に預けた預金を担保に巨額の借り入れを行い、それを複数の架空会社に送金。マネージャーは横領容疑で逮捕された。

ミハイル・スリペンチュク氏


 この事件の舞台となった国際株式銀行の株を最も多く所有していたのがスリペンチュク氏だった。

 英字紙「モスクワ・ポスト」は「シロヴィキは、スリペンチュク氏が公金着服に関与している証拠を探しに来た」と報じた。

 当の国際株式銀行は、自己資本減などを理由に、2016年2月に銀行ライセンスを剥奪されている。

 2016年9月、スリペンチュク氏は「統一ロシア」から新政党「成長党」に鞍替え出馬したが、落選。現在は、露日友好議連に外部専門家として籍を置いている。本人は、落選した時の心境を次のように振り返っている。

 「2003年からずっと日本と関係を築いてきて、自分が国会議員だった5年の間に目に見えて日露関係が良くなり、わずかでも両国関係に貢献できたことを嬉しく思っている」

 「選挙に落ちてから、半年間はすごく落ち込んだ。何しろ、ブリヤート共和国が世界レベルで認知してもらえるように、本当に多くのことをやってきたからね」

 「でも、政界を去ってむしろ良かったんだと自分に言い聞かせた。政治は長丁場で効率性が低いが、ビジネスは今、この瞬間の勝負だ。自分にはこっちの方が性に合っているよ」

 スリペンチュク氏は古巣のメトローポルでビジネスを再開した。しかしロシア経済は、かつてのビジネスモデルが通用する状態ではなかったという。

 「WTO(世界貿易機関)加盟後、ロシア経済の国際競争力は全くなかったけれど、クリミア返還(クリミア併合)に続く経済制裁をされてからというもの、ロシアが生き返り始めた感覚がある。特に農業分野は本当に良い結果を出している」

 「でも自分の会社について言えば、ルーブル安と原油下落のせいで長期投資を呼び込むのが難しくて、投資が大幅に落ち込んだ。ロシアの証券市場は不景気で、こんな状態で稼ぐことは不可能だ」

 「日本のSBIホールディングスとの合弁事業だったヤールバンクも、メトローポルの持分を売却した。逆に、建設業は見込みがある。昔、凍結したモスクワ市内の複合施設プロジェクトも再開したい」

スリペンチュク氏が名を挙げた会社

 スリペンチュク氏が稼ぎ頭として名前を挙げたのは、メトローポルが2011年にガスプロムから買収し、国防省との関係も深い「ザプシブガスプロム」社だ。

北極圏の軍事基地「北極のクローバー」視察


 今年の春に完成した北極圏の軍事基地「北極のクローバー」建設は、ザプシブガスプロムが手がけたものだ。

 この基地はフランツ・ヨシフ諸島のアレクサンドラ島に位置し、北緯80度以北で世界唯一の大規模建築物となった。

 3月に行なわれた披露会には、ウラジーミル・プーチン大統領、ドミトリー・メドベージェフ首相、ショイグ国防相が駆けつけ、スリペンチュク氏も同行。ロシアメディアは大々的に報道した。

 スリペンチュク氏が日本に興味をもった直接のきっかけは、22歳の時、徴兵先のハバロフスクで出会った空手だった。

 「30年前のことだから、ソ連では空手は厳しく禁止されていて、空手のせいで投獄された人もいたくらいだ。でも軍施設の中は一般人立ち入り禁止だったから、かえって安心して空手に取り組めた」

 「その頃から、いつか日本へ行きたいと思っていたんだ。でも2003年に初めて日本行きの夢が叶った時、誰も私に会ってくれようとしなかった」

 「それでも何とか金融会社の紹介で、ある投資家と知り合えた。そこで『ロシアに投資してほしい、なぜ日本企業はロシアに視線を向けないのか?』と聞いた」

北方領土の元島民である千島連盟の代表者らと面会(2016年3月)


 「そしたら『あなたね、日本には視線がないんじゃない。そもそもロシアを見るための目がないんです』と返されたよ。でもあの時、『目がない』と言ってくれた人に本当に感謝している」

 「その人は、何か日本で成し遂げたいなら、すぐに結果が出ることは絶対にない。1つのテーマを2、3年かけて協議する、それくらい我慢強くならないと駄目だ、と教えてくれたんだ」

 その後、メトローポルはロシアの会社として初めて2004年に日本支社を開設。スリペンチュク氏は10年間で通算100回以上日本を訪問した。

 スリペンチュク氏は政治家として北方領土問題に関わった経験から、「解決には双方の譲歩が不可避」という結論を出した。

 「ロシア人も日本人も頑固だ。何しろ70年間も平和条約が結べないんだからね。全く同じ事柄に対して全く異なる2つの視点が存在している」

 「解決したければ、双方とも一定の譲歩をすることは避けられない。プーチン氏は2012年に『ヒキワケ』という言葉を使ったけれど、それは日本人が思うところの引き分け、という意味ではないと思う」

 「あくまでも、両方の国の顔が立つ形での解決、どちらも面目を失わない結論、それこそがプーチン氏の意味するところの『ヒキワケ』なんだ」

 「でもこれは実に難しいアプローチだ。先の戦争では、ソ連の犠牲者が突出して多かった。この記憶はロシア人の心の、とても深いところにしまわれている。ロシア人からすればクリル(北方領土)は大きな代償の末に勝ち取った領土だ」

 「だからクリル問題で譲歩することは、ロシア人にとって第2次世界大戦の結果を見直すことと同じなんだ」

 「そんなことは誰もしたがらない。国境の問題は、政治的・経済的というよりはむしろ、社会的な意味を持っている。日露両首脳には、解決の形を決めたら、それに向けて国民感情を整えるようにしてもらいたい」

 現在、日本政府は北方領土で行うロシアとの「共同経済活動」に向け、具体的な項目を絞り込もうとしている。

 日本側は現地に官民合同調査団を2度派遣。洋上観光や温室でのイチゴ栽培など、5つの分野が有力視されている。スリペンチュク氏も、今年の夏に択捉島と国後島を初訪問した。

 「岩場の天然温泉を見つけて、一風呂浴びてきた。きちんと階段もついていて、日本人が住んでいた頃に作られたものだと思う。実現はしていないけど、モスクワに温泉を作りたいくらい温泉が好きだよ」

 「クリルはロシア人よりも日本人に観光の需要があると思う。両国の上層部が許せば、もちろん共同経済活動に参加する準備ができている」

 ロシア大統領選を来年3月に控えるロシア。スリペンチュク氏はロシアの政情について次のように話している。

 「政界から身を引いたと言っても、みんなと同じように一票を投じる権利はある。大統領選ではプーチン氏に票を入れる」

 「ロシアの政治体制が一定していることは良いことで、彼の再選を疑う余地はない。ぜひ経済改革をやってほしい」

 「ロシア人の知能をもってすれば、デジタル経済や暗号通貨の分野で抜きん出られると思う。プーチン氏が出馬をまだ表明していないのはなぜかって?」

 「これはあくまで予想だけど、選挙に出る・出ないという話を始めると、あらゆる機関の職員がピリピリし出すからね」

 「彼らは目の前の仕事のことよりも政情について考えてしまう。それが分かっているから、まともに仕事をさせるために沈黙を貫いているんだろう。プーチン氏は最後の最後で出馬を表明すると思う。何か表に出せない策略を練っている、なんていう可能性はない」

 スリペンチュク氏がインタビューの中でとりわけ強調したのは、ロシアビジネスにおける公的アプローチの重要性だ。

 「ビジネスを始めるなら、州知事など、地方政府のトップとコンタクトを取ることが肝要だ。そして中央政府の関係省庁にもプロジェクトの存在を知らせて、さらに連邦管区の大統領全権代表にも話をつけておくことだ」

 「地元選出の国会議員を使うという方法もある。その議員から直接、知事と地方の有力者にプロジェクトを紹介するという形を取っておけば、企業の合意は実現する。今は、こういうシステムになっているんだ」

 筆者も、最近のロシアビジネスはスリペンチュク氏が言うところの「システム」が目立っており、8年前にNHKが指摘した「国家資本主義」が、現代ロシアに繋がっていると実感する。

 例えば先月、日野自動車は、来年にもモスクワ州ヒムキ市にトラック組立工場を建設し、2019年から稼動を開始すると発表した。

 この計画に大喜びしているのはモスクワ州のアンドレイ・ヴォロビヨフ知事で、日野ロシアとモスクワ州は協力契約に調印している。

 関係者によれば、工場のインフラ整備にあたって不当な利益を得ようとする業者が現れたが、モスクワ州側がブロックしてくれたという。

 2年前、フジクラはチュヴァシ共和国の首都チェボクサルィにある工業団地にワイヤーハーネス工場をオープンさせた。工場建設の決め手になったのは、首長のリーダーシップと共和国政府のサポートの手厚さだ。

 チュヴァシ共和国のミハイル・イグナチエフ首長は「共和国に進出してくれる企業、一社一社の後見役になりたい」と話すほど、企業誘致に熱心な人物だ。

 ここ数か月で、元経済発展省次官のスタニスラフ・ヴォスクレセンスキー氏がイワノフ州知事に、元産業貿易省第一次官のグレブ・ニキーチン氏がニジェゴロド州知事に抜擢されるなど、相次いで知日派の若手知事が誕生している。

 このことは、「システム」が続く限り、将来的に日本企業にとってプラスになりそうだ。

筆者:徳山 あすか