英国の市場調査会社、カナリスがまとめたVR(virtual reality、仮想現実)用ヘッドセット市場の最新レポートによると、これら機器の世界出荷台数は、今年(2017年)7〜9月期に100万台を突破した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

成長のカギを握るのは製品価格

 VRヘッドセットの四半期出荷台数が100万台の大台に乗ったのは、これが初めてだ。現在この市場は規模が小さく、本格開花するのは、まだ先と言われている。しかし、VRヘッドセット市場は、今のところ減速する兆しがまったくないとカナリスは報告している。

(参考・関連記事)「VR/AR用ヘッドセット市場、本格開花には遠い道のり」

 同社によると、この勢いをもたらしたのは、製品の価格低下。消費者市場におけるVRヘッドセットの普及は、その価格に依存するところが大きいという。

 例えば、米フェイスブック傘下の米オキュラスVRは今夏、同社のヘッドセット「Oculus Rift」を期間限定で399ドルに値下げし、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の「PlayStation VR」と同じにした。これが奏功し、オキュラスVRの製品はよく売れた。そして、この結果を踏まえ、同社は今秋、Oculus Riftの恒久的な値下げを決めた。

上位3社の合計シェアが86%に

 7〜9月期のメーカー別出荷台数を見ると、最も多かったのはソニーで、その台数は49万台。これに、オキュラスVRの21万台、台湾HTC(宏達国際電子)の16万台と続いた。

 前述したとおり、7〜9月期における市場全体の出荷台数は約100万台。つまり、市場シェアの数値も出荷台数と同じく、ソニーが49%、オキュラスVRが21%、HTCが16%となる。そして、上位3社の合計シェアは86%に上る。今のところ、これら3社がこの市場で支配しているという状況だ。

 なお、米IDCなどの別の調査会社のヘッドセット市場レポートでは、常に韓国サムスン電子が上位に入っている。しかし、カナリスのレポートでは、サムスンの「Gear VR」のように、スマートフォンを組み込み、その画面をディスプレーとして使う機器は統計に加えておらず、同社は上位グループから外れている。

 ただ、IDCとカナリスはともに、VRやAR(augmented reality、拡張現実)の市場が今後、急成長していくと見ている。

 例えば、IDCは、VRとARの製品やサービスに対する支出額が今後、年平均113.2%と、2倍以上の成長率で拡大すると予測している。

(参考・関連記事)「拡張・仮想現実市場、2021年には23.6兆円規模に」

2018年は、産業分野で導入加速か

 カナリスによると、2018年は、米マイクロソフトの「Windows Mixed Reality」プラットフォームに対応する新規参入メーカーの製品によって、ヘッドセットの出荷台数が大幅に増加する見通し。

 例えば、米HP、中国レノボ・グループ(聯想集団)、台湾エイサー(宏碁)、台湾エイスース(華碩電脳)、米デルといった大手パソコンメーカーのヘッドセットがWindows Mixed Realityに対応する。これと同時に、製造、医療、教育といった、さまざまな産業分野でVRの導入が進み、市場は活気付くと、カナリスは予測している。

筆者:小久保 重信