オリジナルはどっち?(写真:アークランドサービスホールディングス提供)

「からやま」と「からよし」

とんかつ店チェーン「かつや」を主力とするアークランドサービスホールディングスが、外食大手のすかいらーくを相手取り、東京地裁に仮処分を申し立てた。

問題になっているのは、すかいらーくが今年10月からチェーン展開を始めた唐揚げ専門店「からよし(あるいは「から好し」)」(3店舗)。アークランドが2014年から首都圏を中心に約30店を運営する唐揚げ専門店「からやま」と似ている点が多いとして、不正競争防止法に基づいた店名の使用中止などを求めている。

アークランドが主張する模倣の主な点は8つだ。

店名。ロードサイドタイプの唐揚げ専門店(イートイン業態)
懸垂幕・バナー「からあげ定食590円(税抜)〜」「からあげ100g 240円(税抜)〜」「お弁当・お惣菜」
チャンネル文字看板(黒字または赤地に白抜き)
内装全般(客席・厨房レイアウト・オープンキッチン等)
メニュー(商品名・構成・価格等)
コンディメント(容器・配置・中身の塩辛と割り干し大根、ゴマドレッシング・マヨネーズ)
注文伝票
従業員のユニホーム(黒のTシャツ)など。

アークランド側は、「何から何までそっくりで、このままでは『からよし(から好し)』を訪れたお客さまが、『からやま』と勘違いするおそれがある」と主張する。アークランドサービスホールディングスの臼井健一郎社長はこう話す。

「今は魅力ある業態には大手でもFCに加盟し、店舗展開を行う時代です。当社には『かつや』のFCにはサトレストランシステムズ(大阪市)、康正産業(鹿児島市)などが加盟しております。また唐揚げ専門店の『からやま』には『築地銀だこ』のホットランドが加盟しています。私がこの度、すかいらーくを訴えた最大の理由は、FC加盟店とブランドを何としても守らなければならないと思ったからです。秩序やルールを守るのは大切なことだと思います」

これに対して、すかいらーくは「まだ訴状が届いていないのでコメントは差し控える」(広報チーム)としている。

外食企業の海外フランチャイズ展開を専門に扱っているアセンティア・ホールディングス取締役の松本信彦氏はこう指摘する。

「看板は商標というルールで守られています。海外へのフランチャイズ展開を推進するうえで商標の扱いは極めて重要で、『からやま』は2014年に看板の標準文字配列の商標を取得していますが、看板の図柄(マーク)の商標は2017年3月の申請で取得が遅れました。標準文字配列と図柄の商標を同時に取得しておけば、今回の訴訟は避けられたのではないでしょうか」

すかいらーくの「からよし」が、不正競争防止法に抵触するかどうかは司法の判断を待たねばならず、現段階では予断を許さない。ただ、白地に黒いひらがな文字であしらった「からやま」「からよし」の店名、赤地に白抜きの文字で「からあげ(から揚げ)定食590円(税抜)〜」「お弁当 お惣菜」と文字が並ぶ看板は、「よく知らない人なら2つのお店を混同してしまうかもしれない」と思う。

「かつや」も模倣されていると認識

実は法廷闘争にはなっていないものの、アークランドには、主力のとんかつ店「かつや」業態も、すかいらーくに模倣されているという認識がある。

アークランドは独自に開発したオートフライヤーを駆使して、1998年8月、神奈川県相模原市にとんかつ専門店「かつや」(ロードサイド店舖)の直営1号店を開店し、ヒットさせた。翌1999年7月からフランチャイズ(FC)展開を開始、2017年12月期の第3四半期末で直営・FCで393店舗展開し、低価格とんかつチェーン店として突出したブランドを築き上げてきた。

すかいらーくがその「かつや」を彷彿とさせる、とんかつ店「とんから亭」の第1号店を埼玉県草加市にオープンさせたのは2016年6月。テイクアウト専用コーナー(かつ弁)の併設、店舗・建物形状、「メニュー」(とんかつのグラム数=80グラム・120グラム)、商品名(梅・竹・ダブル)、コンディメントの割り干し大根のサービス、100円割引チケットの配布など、「かつや」を模倣したとみられる部分が多い。

これに限らず、新しい成功業態が出てくると、これを模倣した業態が出てくるのは、生き馬の目を抜く飲食業界の常だ。今回のように法廷闘争に発展するケースも少なくない。

代表例の1つが全品298円均一(当時全品280円均一)の「鳥貴族」が、秀インターワンが運営する「ジャンボ焼鳥 鳥二郎 全品270円均一」(当時)を訴えたケースだ。

鳥貴族は、看板や内装、メニューに至るまで何から何までそっくりだと、ロゴ使用中止を求めて秀インターワンを提訴した。大阪地裁で2015年4月に開かれた第1回口頭弁論で、秀インターワン側は、「鳥二郎が鳥貴族の営業形態の一部を取り入れようとする意思があることは否定しないが、飲食業界では数え切れないほどの模倣がなされてきた。あくまで自由競争の範囲内だ」と、開き直った。

これは事実上、「飲食業界のパクリ商法は当たり前だ」と主張したといえる。

加えて、秀インターワンは、「鳥二郎」の図柄・ロゴを商標登録していた。鳥貴族は特許庁に対し異議申し立てを行ったが、一度登録されたものが簡単に覆されるわけもなかった。

「鳥二郎と鳥貴族の鳥は、『・』と『-』が違うだけで、ほぼ一緒でした。けれども、鳥は同じでも店名が鳥二郎と鳥貴族では『二郎』と『貴族』の文字は異なるので、メニューなどは模倣していても商標権は侵害していないという判断になったようです」(外食企業幹部)

結果的に鳥貴族が鳥二郎を訴えた裁判は裁判長の和解勧告があり「鳥貴族と間違われないような看板デザインにする」ということで、決着した。

一般的に飲食業界において看板の模倣は商標で守られているが、「業態」と「メニュー」の模倣は日本では野放し状態になっている。

オリジナルがどこにあるのか、難しい線引き

まず業態。そもそもオリジナルがどこにあるのか、線引きが極めて難しい。まねした側も次々に改善を加えて、ものまねの痕跡を消そうとする。その結果、外観から見るとどれがオリジナリティなのか見分けがつかなくなってしまうからだ。これが都市の繁華街の飲食店ビルなどで外観が似たり寄ったりの店舖が増える要因だ。

メニューも模倣され放題だ。最近ではSNSの「インスタグラム」が普及した影響もあるようだ。「インスタ映え」「SNS映え」という流行語を生むほど写真や動画のSNS投稿がブームになり、料理メニューなどはつねにアップされている。ある料理畑出身の飲食店経営者は、「インスタで上位にランキングされるメニューを見て、自社のメニュー開発を行っている」という。「インスタ」による写真・動画投稿は、顧客動員の武器にもなるが、一方ではメニューから内装、接客の様子などが流出しまねされることもある。

「珈琲所コメダ珈琲店」を全国に760店以上展開するコメダホールディングス(HD、名古屋市)が、2015年5月に、和歌山市の「ミノスケ」が運営する「マサキ珈琲中島本店」を訴え、勝訴したケースも興味深い。

コメダHDは「店舗の外観や内装、使っているグラスなども酷似している」と、店舗外観などの使用差し止めを求め仮処分を申し立てた。仮処分の争点は、「.灰瓮窃麾蠅療絞泙粒梓僂需要者の間で広く認識されているという『周知性』」「▲灰瓮窃麾蠹垢肇泪汽珈琲中島本店の『類似性』」「5劼覆匹痢愃同の恐れの有無』」などであった。

この裁判で画期的であったのが、アメリカで知的財産権の1つであるトレードドレス制度に踏み込んで判断が行われたことだ。たとえばブランドマークに使われている字体、ロゴマークや製品の形状、色彩構成、素材、大きさといった各種要素を含んだ全体的・総合的なイメージのほかに、店舗の内装から外観、店員のユニホームなども含めて、原告側のトレードドレスと混同しないかが追及された。

その結果、2016年12月に東京地裁は不正競争防止法に定める営業表示の一種として認め、マサキ珈琲側に店舗外観の使用差し止めを命ずる仮処分を下した。ちなみにトレードドレス制度は2015年4月改正の商標法で導入が見送られた経緯がある。

勝訴したコメダHDは「コメダ珈琲各店のオーナーやブランドを守るのが大きな目的でした」と発表した。コメダ珈琲は直営に加え、法人、個人のFCオーナーを募集して発展してきた。FC本部として、FCオーナーの利権やブランドを守ることは生命線であった。

実はアークランドサービスHDは、「コメダ珈琲店」のフランチャイズチェーン(FC)に加盟し、2店舗展開している。今回、「からやま」の模倣の件で、「からよし(から好し)」を3店舗運営するすかいらーくを訴えたのは、臼井社長がコメダ珈琲の裁判に触発されたことも大きかったのだろう。筆者はコメダ珈琲がパクリ商法の模倣店に勝訴したことで、パクリ商法の流れが変わったと思っている。

一般的に飲食業界には「TTP」(徹底的にパクる)するという悪しき習慣がある。成功業態をパクればリスクを取らないで成功する確率が高いからだ。しかし、そんな仁義なきパクリ戦争を繰り返していれば、飲食業界は疲弊し、顧客離れを起こしかねない。