栗山千明、亀梨和也主演の新ドラマで禁断の三角関係に…

写真拡大

栗山千明が、亀梨和也主演の1月スタートの新ドラマ『FINAL CUT』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00〜)に出演することが決定。亀梨演じる主人公・中村慶介と“許されざる恋”に落ちるヒロイン・小河原雪子(おがわらゆきこ)を演じる。

本作は、高校生の頃、ある女児殺害事件で犯人扱いされた母親が、自殺に追い込まれたという過去を持つ慶介の復讐劇。それから12年、慶介は“ある目的”を果たすため、事件の取材・放送に関わっていたスタッフ、司会者、そして事件の真相の鍵を握る美人姉妹を狙って、復讐に動き出す。

栗山が演じる雪子は、慶介が母親を失うきっかけとなった事件の真相の鍵を握る姉妹の一人で、普段は美術館で学芸員として働いている。明るく、しっかり者の美人にも関わらず、恋愛には縁遠い雪子だったが、ある日、美術展に訪れた男性と知り合う。雪子が選んだ絵画を熱心に鑑賞するその男こそが、事件の真犯人を探すため、素性を隠して、姉妹に近付いた慶介だった……。

“偶然”の出会いをきっかけに、次第に慶介に対して純粋に心ひかれていく雪子。対する慶介も、復讐のため近付いたものの、雪子の心に触れるうちに、初めて人を愛することに目覚めていく。その思いが、次第に慶介の復讐のシナリオに狂いを生じさせていくことに……。そして、そんな慶介に思いを寄せるもう一人の女性が。それは、雪子の妹・若葉(橋本環奈)だった。復讐に燃える男と、そのターゲットとなった姉妹。果たして、この禁断の三角関係の行方は?

シリアスからコメディーまでジャンルを問わず、これまで数多くの作品で圧倒的な存在感を放ってきた栗山だが、「ひたむきな恋愛をする役はあまりなかった」と語る。それだけに、今回演じる雪子の恋愛シーンについては、「考えるだけでも恥ずかしくなってきました」と苦笑い。雪子と慶介のキュンとする恋模様に、“クールビューティー”と称される栗山が見せる新たな一面に期待がかかる。

また、妹役の橋本について、「個人的に共演が決まる前から“可愛いなあ”って思いながら拝見していたので、姉妹と聞いた時はうれしかったです。雪子と若葉は恋愛に関して対照的なスタンスの姉妹なので、そこに亀梨さん演じる慶介が絡むことによってどんな変化が生まれるか楽しみですね」と、共演を楽しみにしている様子。

最後に、「日常で皆さんが感じる悪を成敗する痛快さと共に、雪子との出会いによって慶介の心境が変わっていく様子も目が離せないものになっていると思います。ぜひ、楽しんでご覧ください!」とメッセージを寄せた。