工業廃水をいかに効率よく処理するか、これは世界中が注目し、研究している難題だ。21日、中国が独自に開発した電子線照射による工業廃水処理技術が中国原子力産業協会によるテクノロジー成果鑑定を通過した。これは中国が原子力技術を利用した工業廃水処理分野において新たな進展を実現し、世界のトップレベルに達したことを意味している。

電子線照射による工業廃水処理技術は、高圧電場を利用して加速させた電子線を汚水に照射することで、汚水中で分解・生成されたオキシダントと水中の汚染物、細菌などが相互作用を起こし、酸化分解と消毒の役割を果たす。同技術は、原子力技術の範疇となっており、国際原子力機関から21世紀の原子力の平和利用における主要研究項目とみなされている。

中国科学院院士9人を含む専門家チームによる鑑定で、中国の電子線による工業廃水処理技術の専用設備が、これまでの工業廃水処理の技術的なボトルネックを取り除くこととなったと評価された。

同技術が実用化された暁には、染色、造紙、化学工業、製薬といった業界や工業パークにおける廃水処理などに広く応用することができ、中国における工業廃水処理レベルを大幅にアップできるとみられている。今年3月に中国初の電子線照射による工業廃水処理プロジェクトが浙江省金華市で竣工し、約半年間にわたり運用した結果、直接の排出が可能な水準まで改善され、優れた経済効果を生んでいる。これまでの技術と比べ、汚水処理1トン当たり1.4元(約24円)の節約を実現でき、1日当たり1万トンの汚水を処理した場合、年間で約500万元(約8500万円)を節約できる。(提供/人民網日本語版・編集/TK)