Appleは現地時間11月28日、12月4日から10日までの「コンピュータサイエンス教育週間」中に開かれる、プログラミング推進運動「Hour of Code」に参加すると発表しました。期間中、世界各地のApple Storeにおいて、さまざまな無料のプログラミング講座が開催されます。Appleは同日より、受講受付を開始しています。

世界中の人々が参加する「Hour of Code」


 
Hour of Codeは2013年にアメリカで始まった、世界180カ国以上から数千万人が参加するプログラミング入門教育プロジェクトです。経験や知識は不要で、小学生から始めることができます。
 
Apple StoreではHour of Codeの一環として、小さい子どもたちがプログラミングの基礎を学べる「Kids Hour」シリーズ、12歳以上向けの「Swift Playgrounds」などのクラスが開かれます。
 
また教師を対象とした、学校やコミュニティセンターなどでプログラミングを教えるためのカリキュラムとツールも提供されます。

今年5月から始まった無料講座「Today at Apple」

Appleは今年5月から、世界各地のApple Storeにおいて無料講座「Today at Apple」を開催しており、iPhoneやiPad、Macを使った写真撮影や音楽制作、プログラミングを指導しています。

 
 
Source:Apple
(lunatic)

 
 

あわせて読みたいiPhone X関連記事

【レビュー】iPhone X シルバー開封の儀&旧機種と外観比較【iPhone X】初期設定がより便利に!旧iPhoneからの移行レポートiPhone Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone Xを予約!オンラインで確実に購入する方法まとめ