二度目の“緊急登板”で覚醒させた「浦和のDNA」 番狂わせも予感させる堅守速攻の精度

写真拡大

欧州名門に実力派の“暫定監督”あり 堀監督は「日本のデル・ボスケ」に?

 浦和レッズがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝、10年ぶりの快挙だった。

 シーズン途中でミハイロ・ペトロヴィッチ監督を解任して堀孝史コーチが昇格、プレースタイルも前任者の「攻撃偏重」から「堅守速攻型」に変わっている。ちなみに堀監督が指揮を執るのは二度目で、前回は2011年、ゼリコ・ペトロヴィッチ監督解任の後だった。どちらも前任者の名前が「ペトロヴィッチ」だったのは単なる偶然だが、短期間でチームをまとめて回復させたのは同じである。

 伝統のあるクラブには困った時に暫定監督をやってくれる人がいて、例えばレアル・マドリードのビセンテ・デル・ボスケがそうだった。3度目の時にUEFAチャンピオンズリーグで優勝したので、そのまま暫定ではない監督に収まり“銀河系軍団”を率いた。その後はスペイン代表監督としてワールドカップに優勝。デル・ボスケ自身、こういう展開の人生になるとは予想していなかっただろう。

 バルセロナなら“チャーリー”・レシャック。1998年にJリーグの横浜フリューゲルスでも監督を務めたが、バルサではセカンドコーチや強化担当をずっと続けてきた人物である。

 フランスのマルセイユにはジョゼ・アニゴという人がいて、やはり何回か“つなぎ”の監督を引き受けていたものだ。ACL優勝によって堀監督も続投が決まったので、もしかしたら日本のデル・ボスケになるかもしれない。

クラブW杯準決勝のレアルは“万全でない”

 アル・ヒラルとの決勝第2戦では、MF長澤和輝が2トップから中盤に下がって4-1-4-1になるスタイルだった。堀監督に代わってからの浦和のサッカーは、バヒド・ハリルホジッチ監督の日本代表とよく似ている。アル・ヒラル戦では選手交代や疲労度に応じてFW興梠慎三がトップからサイドハーフになり、逆にFWラファエル・シルバがサイドから前線へ、MF柏木陽介もボランチからトップへと、選手のポジションをかなり入れ替えた。それでいて4-1-4-1は崩さず、破綻なく守れていた。ミシャ方式の浦和は強くて魅力的だったが、“浦和のDNA”はむしろカウンターなのかもしれない。

 クラブワールドカップ(クラブW杯)では、一つ勝てば準決勝でレアルと対戦できる。昨年は決勝で鹿島アントラーズが延長戦へと持ち込む健闘を見せたが、浦和はひょっとするとレアルに勝てるかもしれない。

 クラブW杯は世界大会であり、レアルにとっては2試合で手に入るタイトルなので間違いなく獲りにくる。ただし、準決勝に関しては体慣らし程度のモチベーションでプレーする可能性が高い。世界最高のタレントが揃うレアルといえども、40%程度のプレーぶりなら浦和が勝つチャンスはあるだろう。決勝で当たった鹿島に比べると、条件はかなり良い。

 しかも、現在のレアルはあまり調子が良くない。今季不振のFWクリスティアーノ・ロナウドやFWカリム・ベンゼマが、シュートを外し続けてくれるかもしれない。

 レアルを破って決勝にも勝てば、Jクラブ初の世界一という快挙達成である。もっとも、その前に準々決勝を勝たなければならないわけだが……、浦和はそんな“番狂わせ”を期待できるほど堅守速攻型が板についてきている。

【了】

西部謙司●文 text by Kenji Nishibe

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images