舞台「クラウドナイン」で男性と女性の2役を演じる三浦貴大

写真拡大

12月1日(金)より、舞台「クラウドナイン」が東京芸術シアターイーストにて上演される。フェミニズム演劇の旗手として知られる英劇作家のキャリル・チャーチルの衝撃作を、木野花が29年ぶりに手掛ける。

【写真を見る】舞台稽古では、女装姿を報道陣に初お披露目!

本作は1880年ごろのイギリス植民地時代にアフリカに移住した破天荒な家族の物語。2幕で構成され、1幕はヴィクトリア朝時代、2幕は100年後のロンドンを舞台に描く。

1幕では家長・クライヴ(高嶋政宏)の妻・ベティ、2幕ではイケメン男性・ジェリーとして出演する三浦貴大に、今回の役どころや注目ポイントなどを聞いた。

■ 夫役の高嶋さんは変幻自在な方

――1幕では女性、2幕では男性を演じられますが、台本を読んでいかがでしたか?

率直なところ難しいですね。でも、台本を読んで「こんなに面白いんだ!」と思いました。その後、キャストの皆さんと本読みをして、自分1人で読んでいると分からなかったキャラクターがどんどん出てきて、配役やキャスティングの面白さを再確認しましたね。

女性役を演じるのは、今回が初めてです。オファーがきた時は、「何で僕なんだろう?」と思いました。他に女性役が合いそうな役者さんは、いっぱいいらっしゃるのに…。

――1幕でも2幕でも、高嶋さんとの共演するシーンが多いと思いますが、どんな方ですか?

実は、今回が初共演なんです。高嶋さんは変幻自在な方だなと思います。だから、憧れる部分がたくさんある役者さんですね。僕はあまり器用な方ではないので、うらやましいです。

■ ベティは難しいことだらけ!?

――台本は1年前に受け取ったとのことでしたが、ベティを演じる上で何か参考にされましたか?

自分が男なので、何から何まで難しいです(苦笑)。出演のお話をいただいてからは、以前よりもドラマや映画で女優さんがどういう芝居をしているかを見るようになりました。女性の口調で話すのは、まだ違和感がありますね。僕、声が低いので、女性の声のトーンにするのも難しいです。完全に裏声を使うのも違うと思うし…難しいですね。

どの現場でも基本的にそうなんですが、役作りはあまりしない方です。芝居って相手がいることなので、相手に会ってから決めることが多いです。先日、本読みをして、なんとなく皆さんのイメージがつかめてきました。

――対して2幕は男性役ですね。

2幕の方が圧倒的にやりやすいです (笑)。舞台は4年ぶりですが、1つの舞台で2人分の役作りをしなきゃいけないのは難しいことだと思います。1幕と2幕の間にどれだけ自分の気持ちを転換できるのか。ドタバタになりそうですね(苦笑)。

■ 大人計画のメンバーは個性派ぞろい!

――劇中ではいろいろな愛の形が出てきますが、どう思われますか?

不倫と少年愛は法律上、よくないですね(笑)。LGBTみたいなことは生まれ持った好みなので、あってもいいんじゃないかと思います。劇中では、ベティは入江雅人さん演じる探検家・ハリーと不倫関係で、石橋けいさん演じる家庭教師とも怪しい関係ですね。

――そんなベティを2幕では大人計画所属の伊勢志摩さんが演じていらっしゃいますが、そこは気になりますか?

本読みの時、伊勢さんがどのようなベティをやられるのか楽しみにしていました。もしかしたら、参考になるかと思って…。でも、よく考えると1幕と2幕の間に25年間の歳月がたっているので、参考にはできなかったです。

時代が変わって、ベティはより開放的な女性になっていました。2幕のベティはすご過ぎて、圧倒されます! 皆さん個性が強くて、本読みがあんなに面白いとは思っていませんでした。

――本作には伊勢さんの他にも正名撲蔵さん、平岩紙さん、宍戸美和公さんと4人の大人計画メンバーが出演されています。大人計画に対して、どのような印象をお持ちですか?

ちゃんと同じシーンで演じるのは初めてですね。大人計画さんの作品をたくさん見ているわけではないですが、笑いのある作品が多いような印象はあります。この作品をどうやって大人計画ならではの舞台にしていくんだろうと思っています。

■ 息子から見た父親・三浦友和とは?

――お父様の三浦友和さんとお芝居の話をしたり、アドバイスをもらったりすることはありますか?

芝居の話はしないですね。多分、聞いても分かんないですし。僕からも聞かないです。あれだけ歳が離れていると、聞いてもなんの参考にもならないと思うんですよね。その域に達したら、(父親のような演技が)できるだろうけど、まだまだですね(苦笑)。父の出演する映画が好きなので、どちらかというとあまり裏側のことを話さないでほしいです。ずっとスクリーンの向こう側の人でいてほしいので、あまり知りたくないですね。

――なるほど。プライベートでは同じ俳優というよりは、父と息子の関係なんですね。

そうですね。僕は、ただの三浦友和ファンですね。

――どこに魅力を感じますか?

何がすごいのかが分からないあたりが、魅力なんじゃないかなと思います。

■ 毎回、面白いポイントが変わるんです!

――今年は本作で女性役に初挑戦されましたが、来年挑戦したいことはありますか?

来年も、粛々と役者業をやろうかと(笑)。今回この作品で女性役をやらせてもらうことで、演技の幅が広がるといいなと思います。

――本作の注目ポイントはどこですか?

やっぱり、1幕の一番初めにみんな出てくるところです! でも、僕、毎回本を読むたびに面白いと思うシーンが変わるんです。1人よりも2・3人で見に来ていただいて、終演後、ご飯でも食べながらこの舞台について意見を言い合うのも面白いのではないかと思います。

それから、1幕と2幕で配役が全く違い、時代も違うので、人間の在り方が全く変わります。その世界で生きている人間の姿が面白いかもしれませんね。(ザテレビジョン)