ダムドの楽曲に合わせた登場シーンも 『パーティで女の子に話しかけるには』本編冒頭映像

写真拡大

 12月1日に公開される映画『パーティで女の子に話しかけるには』の本編冒頭映像が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の原作・監督・脚本・主演を務めたジョン・キャメロン・ミッチェルが手がけたラブストーリー。77年のロンドン郊外を舞台に、パンクに憧れる内気な少年エンと、遠い惑星からやってきた美しい少女ザンの48時間の恋を描く。2015年に史上最年少でトニー賞主演男優賞を受賞したアレックス・シャープがエン役を、『20センチュリー・ウーマン』のエル・ファニングがザン役を務め、『ラビット・ホール』でミッチェル監督とタッグを組んだニコール・キッドマンも出演している。

 公開された映像では、1977年のロンドン郊外に住むパンク好きな主人公エンと仲間たちが、ダムドの楽曲「New Rose」とともに登場するオープニングに加え、遠い惑星からやってきた美しい少女ザンの登場シーンが映し出されている。

 ミッチェル監督は、「パンクとは、はみ出し者をうけいれてくれる、僕にとって欠かせないもの。パンクは自分にとって逃避できる場所だったから、この映画が自分をはみ出し者と感じているティーンたちにとって大切な映画になってくれたら嬉しいです」と、パンクへの熱い想いを語っている。

 なお、本作の公開初日にあたる12月1日には、本作の鑑賞者を対象に、すべての上映劇場で、先着で“オリジナルステッカー”がプレゼント(数量限定/なくなり次第終了)されることも決定している。(リアルサウンド編集部)