▽ファジアーノ岡山は28日、GK木和田匡(21)がプロサッカー選手を引退することを発表した。

▽木和田は、岡山U-18からトップチームに昇格。岡山ネクストなどを経て、今シーズンはJFLのヴァンラーレ八戸へと育成型期限付きしていた。JFLでは通算39試合に出場、天皇杯で2試合に出場していた。木和田はクラブを通じてコメントしている。

「今シーズン限りで引退することを決めました。岡山にはユースの頃から合わせて、5年間お世話になりました。選手として過ごす最後の1年を岡山で過ごせなかったのは少し心残りですが、岡山での様々な経験はこの先の人生で必ず活きてくると思います」

「まだサッカーに関わるか、それとも全く別のことをしていくのかは決めていませんが、一旦プロサッカー選手としての人生にはピリオドをつけようと思います。短い間でしたが、応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました」

▽なお、木和田は八戸でのチーム活動のため、29日の練習参加が岡山での最終日となる。