『アウフヘーベン』

写真拡大 (全2枚)

東大卒のラッパー・RAqさんが1stアルバム『アウフヘーベン』をリリースした。

【東大卒ラッパー RAq、1stアルバム『アウフヘーベン』リリースの画像・動画をすべて見る】

客演には、電波少女のハシシさんや、ラッパー・NIHA-Cさん、フレンズの三浦太郎さん、テノヒラ/オトノオトのkikuさんなど、所縁あるラッパーから意外なアーティストまで幅広い面々が参加している。

RAq、1stアルバム『アウフヘーベン』

RAqさん
現役東大生時代にリリースした『Lost Tapes vol.1』(2014年)と『Lost Tapes vol.2』(2015年)が、ともにiTunes Hip Hopチャート2位を獲得するなど、高い評価を受けながらシーンに現れたRAqさん。

2015年には電波少女にフィーチャリングされた「INVADER」も話題となった。



そんなRAqさんが満を持してリリースした1stアルバム『アウフヘーベン』。問題点を受け入れ、よりよい状況へ向けて解決していくという意味のタイトルだ。 

プロデュースには、バンドを主軸にしたプロデュース集団・Still CaravanのメインコンポーザーであるRyosuke Kojimaさんを迎えており、ほぼ全編にわたって落ち着いたチルサウンドで統一されている。

なお、現在はspotifyでも配信を開始。気になった方は下記から試聴可能だ。