【ソウル聯合ニュース】28日のソウル外国為替市場は、前日比4.2ウォン高の1ドル=1084.4ウォンで取引を終えた。終値で2015年5月6日(1ドル=1080.0ウォン)以来のウォン高ドル安となった。

 前日、北朝鮮でミサイル発射準備と受け取れる動きが補足されたと報じられたことなどから一時ドル高となったが、1ドル=1090ウォン台になると輸出関連業者がドルを売ったことなどから再びドル安に転じたとみられる。

 ウォンは対円でも上昇し、午後3時半現在、前日と比べ2.2ウォン高の100円=975.31ウォン。