大人になると生えてくる「親知らず」、よく「抜いた方が良い」と聞きますよね。でも実際には、親知らずは抜いた方が良いケースとそうでないケースの2通りがあります。親知らずがどんな状態で生えていたら抜いたほうが良いのか、親知らずを抜く理由についてご紹介していきます。

親知らずが生えるor生えない人の理由

そもそも親知らずとは、前歯から数えて8番目にあたる永久歯のことを言います。親知らずは他の永久歯とは違って、大体20歳前後になってようやく生えてきます。これは、現代人のあごが小さくなっているのが理由です。食生活の変化で現代人は噛む力が弱くなり、あごも小さくなっています。そのため最後に生えてくる永久歯(親知らず)のスペースがないため、親知らずが斜めや横を向いてに生えてしまうのです。ちなみに親知らずは生えてこないケースもありますし、先天的に存在しないケースもあります。

親知らずがあると歯周病になりやすい

親知らずが妙な生え方をしていると、親知らずの周りに歯垢が溜まりやすくなってしまいます。もしもその場所に上手く歯ブラシが届かないと、親知らずの周りはどんどん歯垢が溜まって虫歯や歯周病になるリスクが高まるのです。親知らずを抜いたほうが良い理由はこれですね。もしも歯垢が溜まったまま取れないでいると、親知らずや親知らずの周りに酷い虫歯ができてしまいます。最悪の場合、虫歯治療と親知らずの抜歯治療のために入院の必要まで出てきます。

親知らずのせいで噛み合わせが悪くなる

親知らずが横に向かって生えてしまうと、隣の歯が圧迫されて噛み合わせが悪くなります。また、上の親知らずと下の親知らずが綺麗に生え揃わないと、それまで綺麗に揃っていた噛みあわせが悪くなってしまうこともあります。噛み合わせが悪くなると歯と歯の間にすき間ができて、歯垢が溜まりやすくなるのです。また、あごや歯茎に負担が加わることも。歯茎が炎症を起こすと化膿するおそれが、あごに負担がかかると顔の形が変形するおそれがあります。それらを防ぐためにも、親知らずは抜いた方が良いのです。

抜歯は若いうちに済ませた方が良い

どうせ親知らずを抜歯するのであれば、断然若いうちが良いです。何故なら、抜歯にはそれ相応のリスクが伴うからです。抜歯後は歯茎が腫れ、出血も伴います。若いうちに抜歯しておけば、その状態から早く回復することができます。また、年齢を重ねるにつれて虫歯や歯周病のリスクは高まります。リスクの低い内から親知らずに対処していれば、長く歯が健康な状態を保つことができますよ。


writer:さじや