グランプリ(GP)シリーズ最終戦のスケートアメリカで、宮原知子がショートプログラム(SP)、フリーともに1位となり、合計214.03点の完全優勝を成し遂げた。2015年のNHK杯以来、2季ぶりのGP2勝目となった。この結果により、GPファイナル進出の上位6人目に樋口新葉が滑り込み、宮原自身も補欠の1番手に躍り出た。もし、ファイナル進出者の中で欠場者が出れば、宮原が繰り上げ出場となる。


スケートアメリカで優勝した宮原知子と2位となった坂本花織

 今回のスケートアメリカは、GPファイナル進出を目指していたスケートカナダ3位のアシュリー・ワグナー(アメリカ)とNHK杯3位のポリーナ・スルツカヤ(ロシア)の2人に加え、シニアデビューでこれがGP2戦目となる坂本花織との優勝争いだった。

 昨季までGPファイナルで2年連続2位となるなど実績のある宮原にとっては、本来、それほどの強敵揃いとは言えないだろう。だが、昨季後半を左足股関節痛で棒に振り、そこからの復活を模索している状態だけに、決して簡単な戦いではなかった。

 2週前のNHK杯は、ケガからの復帰初戦であり、今季の初陣だったこともあり、ジャンプで細かいミスを重ね、スピンやステップでもレベルの取りこぼしがあった。順位も5位といまひとつだったが、演技自体は満足のいく内容で、自身は手応えを掴んでいた。

 復帰2戦目となるスケートアメリカでは、ノーミスの演技が必須だった。勝負の行方はいかにミスなく演技できるかどうかにかかっていたし、どこまでジャッジが評価してくれるのかも知る必要があった。

 SPの『SAYURI』では冒頭の3回転ルッツ+3回転トーループの連続ジャンプで2本目がステップアウトしたが、回転不足は取られなかった。ジャンプに力強さが戻っていて、メリハリのある演技を披露。目標に掲げていた70点台をただ1人マークする70.72点を叩き出した。

 キス&クライでは両手でハートマークを作って笑顔を見せた宮原は「NHK杯と比べてよかった部分と、そうでなかった部分があって、複雑な気持ちですけど、点数は伸ばすことができたので嬉しかったです。NHK杯よりは調子が上がってきていたので、絶対にいい演技をするという気持ちで臨みました。今回は順位よりも、とにかくここまで段階的に上げてきたことをしっかり出すことが目標です」と語った。失いかけていた自信が少しずつ心に満ちてきているようだ。

 SP首位で迎えたフリー『蝶々夫人』は、さらに復活ぶりが際立つ演技だった。

 3回転ルッツ+3回転トーループや2回転アクセル+3回転トーループの連続ジャンプを含めて、力強いジャンプを次々と決めて勢いづいた。芯の強い女性を表現するプログラムをしっかりと自分のものにして、見せ場のステップでは手拍子をもらいながら強弱をつけた演技で観客を魅了。ひと蹴りの滑りにも力強さが見られた。

 今年夏のアイスショーでは本人も「ボロボロだった」というほどの状態で、今季の戦いに間に合うのか心配されたが、この日の演技でそれが杞憂(きゆう)だったことがわかった。課題の回転不足もなく、GOE(出来栄え)の加点も1点以上をいくつも引き出した。まさに、「ミス・パーフェクト」の本領を発揮してのノーミス演技で、自己ベストに迫る143.31点の高得点を出して、こちらも目標点数をクリアしてみせた。今後のさらなる復調に大いに期待できる演技だった。

「まさか優勝できるとは思っていなかったので、ここまでいい演技ができて本当によかったです。少し回転が足りないなと思ったジャンプがありましたけど、いまできることはしっかりできました。練習でやってきたことはちゃんとやろうと思って滑りました。自分が目指している演技や内容としてはまだまだですけど、点数的に目標を達成できたので、これからもっともっと伸ばしていけるように頑張りたいです。

 一番最後の全日本選手権が待っているので、この大会は通過点。課題もたくさん見つかったので、またプログラムを手直しして、全日本に向けた練習をどんどん頑張っていきたいです」

 思わぬケガに見舞われたが、しっかりとリハビリをしながら体力や表現力の強化を図ってきた宮原。出遅れた五輪代表レースの戦いに参戦できるところまで戻ってきて、その存在感をしっかりとアピールしたGP2戦となった。五輪代表最終選考会となる12月下旬の全日本選手権では、完全復活した姿を見せてくれそうだ。

◆佐藤信夫氏・久美子氏(元浅田真央コーチ)に聞く「復帰から現役引退まで」>>

◆「ムチャクチャ大変!」鈴木明子が占う、平昌五輪の女子2枠争い>>