▽アルビレックス新潟は28日、来シーズンから指揮を執る新監督として鈴木政一氏(62)の就任が内定したことを発表した。

▽鈴木氏は現役時代にヤマハ発動機(現・ジュビロ磐田)でプレー。引退後、2000年にジュビロ磐田の監督に就任し、2002年にはJリーグ史上初の1stステージ・2ndステージ優勝を成し遂げた。勇退して磐田の強化部長に就任すると、2004年には9月から11月まで兼任扱いで監督に復帰した時期もあった。その後は日本体育大学、U-20日本代表監督を経て現在まで2度目の就任となった日本体育大学を指揮していた。

▽新潟の監督就任が内定した鈴木氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「このたび、来季アルビレックス新潟の監督に就任することが内定した鈴木政一です」

「中野社長、強化の木村さんとお話を進めていく中で、アルビレックス新潟に対しての考え方、アルビ愛を持って、少しでも早くいいチームを作りたい熱意を十分に感じることができました」

「アルビレックス新潟はサポーターの応援も素晴らしいですし、私自身もチャレンジをしようと結論に達しました。アルビレックス新潟に関わるすべての皆様、これからよろしくお願い申し上げます」