当時の関係者が”デトロイト暴動”の真実を語る K・ビグロー『デトロイト』特別映像&場面写真

写真拡大

 2018年1月26日に公開される映画『デトロイト』の特別映像と場面写真が公開された。

参考:ジョン・ボイエガが決死の決意 『デトロイト』日本オリジナル予告編公開

 本作は、女性初のアカデミー賞監督賞に輝いた『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロー監督最新作。1967年に起きたアメリカ史上最大級の”デトロイト暴動”を背景に、連日の暴動で街が戦場と化すなかで起きた “戦慄の一夜”が描かれる。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のジョン・ボイエガが主演を務めるほか、『レヴェナント: 蘇えりし者』のウィル・ポールター、『トランスフォーマー/ロストエイジ』のジャック・レイナー、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のアンソニー・マッキーらが出演する。

 ”当時と今”と銘打たれた特別映像は、暴動勃発当時のデトロイトをとらえた報道映像で幕を開ける。元デトロイト警察署長のアイク・マッキノンは「1967年当時黒人は差別され、地位の低い職にしか就けなかった」と証言し、本編ではボイエガ演じ、実名で登場しているメルヴィン・ディスミュークスは「見えない人種差別があった」と回想。「当時の警官はほとんどが白人だった」という現在のデトロイト警察署長ジェームズ・グレイグのコメントの通り、映像でも弾圧を敢行する警官は全員白人であり、「全員を容疑者とみなす」と無抵抗な黒人に銃を突きつけるシーンが切り抜かれている。

 あわせて公開された場面写真では、当時の暴動の様子や、忠実に再現されている本編カット、決意の表情をするボイエガの姿などが写し出されている。

(リアルサウンド編集部)