FC東京の17歳MF平川怜、右足第5中足骨基部骨折で手術…全治約4カ月

写真拡大

 FC東京は28日、MF平川怜が手術を受けたことを発表した。

 平川は22日のトレーニング中に負傷。右足第5中足骨基部骨折と診断され、28日に埼玉県内の病院で手術を受けたとのこと。クラブは全治約4カ月と伝えている。

 現在17歳の平川は11月1日にFC東京とプロ契約をかわし、18日のサガン鳥栖戦でJ1デビューを飾っていた。