@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

LESS MASS MEANS MORE LOTUS

より軽く よりロータスらしく 大阪に

12月8日から11日まで開催される「大阪モーターショー」に、ロータスのニューレンジ3モデル、

 エリーゼ・スプリント220
 エキシージ・スポーツ380
 エヴォーラ・スポーツ410

が出展される。


エリーゼ・スプリント220は、エリーゼのトップグレードとして「スプリント」の名を復活。カーボンファイバー製バケットシート、軽量鍛造アロイホイール、リチウムイオンバッテリーの採用により、2016年モデルのエリーゼ・スポーツ220に比べて72kgの軽量化を実現した。


エキシージ・スポーツ380は、フロントカウルやエアダム、リアディフューザーなどに採用されたカーボン・コンポジットパネルに加え、ポリカーボネート製リアウインドウやリアフードを採用し、350スポーツに比べて26.3kgも削ぎ落とした。


エヴォーラ・スポーツ410は、V6 3.5ℓスーパーチャージャーユニットが最高出力416psを発揮。フロントフード、ルーフパネル、エンジンフードなどにカーボンを用い、エヴォーラ400に比べてマイナス70kgの1325kgを達成。

会場では、3台のモデルにあわせてスーパーGTマシンのSGTロータス・エヴォーラを展示。

会期中はインテックス大阪の3号館3Z-02で、ロータスのニューレンジ3台を実車で見てみよう。

大阪モーターショー

URL:
http://www.osaka-motorshow.com

会場:インテックス大阪
大阪市住之江区南港北1-5-102

会期:
12月8日(金)〜11日(月)