28日、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備をめぐる対立で中国から韓国を訪れる観光客が急減する中、来年3月に台湾から観光客3500人がクルーズ船で釜山に入港することが決まり、韓国国内は歓喜に沸いているという。写真は釜山。

写真拡大

2017年11月28日、中国メディアの海外網によると、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備をめぐる対立で中国から韓国を訪れる観光客が急減する中、来年3月に台湾から観光客3500人がクルーズ船で釜山に入港することが決まり、韓国国内は歓喜に沸いているという。

韓国・聯合ニュースによると、韓国海洋水産部は27日、台湾の台北で20〜22日まで開催したポートセールス(港湾振興)イベントで、クルーズ船客の誘致に成功したと明らかにした。来年3月に台湾から観光客3500人がクルーズ船で釜山に入港することや来年上半期に3回入港することなどが決まったという。

台湾最大手の旅行会社であるライオントラベル(雄獅旅遊)が企画するクルーズ船「マジェスティック・プリンセス号」(14万トン、定員3560人)は来年3月26日に台湾の基隆港を出発して長崎を経由し、同30日に釜山港に入港する予定だ。

3500人は団体客ではなく個人客で、釜山の甘川(カムチョン)文化村やチャガルチ市場、南川洞(ナムチョンドン)にある桜並木などを観光する。韓国海洋水産部は「個人客は団体客に比べ旅行商品に対する満足度が高く、地元経済の活性化にもつながる」としている。

韓国では先日、中国から3000人規模の団体ツアーが韓国を訪れると報じられたが、それが「幻だった」ことが分かり、中国からの団体客を待ちわびていた韓国の観光関係者に失望が広がったと伝えられていた。(翻訳・編集/柳川)