乃木坂46

写真拡大

11月27日放送の「NOGIBINGO!9」(日本テレビ)では、松村(沙友理)チームと与田(祐希)チームに分かれ、メンバーがまだ足を踏み入れたことのない禁断の場所へ潜入。ミッションに挑戦しポイント制で競い合う「ドキドキな顔を見せます♡乃木坂46 未踏の地へ行く!!」を開催。

【写真】涙を流し「みんながいて良かった」と語った松村沙友理

中でも最も過酷だったのが、松村チームが選んだミッション「AYAの過酷トレーニング 全員でクリアできるか」で、「どうせだったらレベル高いのやってみたいです」と発言した松村本人が後悔する羽目になった。

その実行するミッションと言うのは、5つのエクササイズを20回ずつ20分で3ラウンドやる、AYAのクラスフィットメニューを全員クリアすると言うもの。いざスタートするとその過酷さは尋常ではなく、メンバーからは悲鳴が上がる。

だが3期生の向井菜月が、3分半を残し1位でゴール。続いて衛藤美彩、秋元真夏、山下美月がクリアし、残すは松村のみとなった。衛藤からの声援を受け松村もクリアすると、メンバーの元へ駆け寄り崩れ落ちる。

松村は号泣しながら、「みんなで出来ないと思ったけど出来てよかった。一回諦めそうになったけど、みんながいるからもう一回頑張れたって言う、6年間の歴史をまた感じて、東京ドームもやってよかったなって思ったし、6年間ずっと頑張ってきたもんね、一緒に。みんながいてよかったなって本当に思う」と感激のコメント。

衛藤が「ポイントとかどうでもいい」とこの松村の言葉に応えると、司会のイジリー岡田が「ポイント獲得したんですけど、いらないんですか?」と質問。

すると秋元が「欲しいです」とすかさず答え、イジリーから「どっちなんだよ」と突っ込まれ、笑いを誘っていた。

次回の放送は12月4日(月)、「乃木坂46が初めての地へ 後半戦」を予定。(ザテレビジョン)