ガンバ大阪の藤ヶ谷陽介【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 J1のガンバ大阪は28日、同クラブ所属のGK藤ヶ谷陽介が2017シーズン限りで現役を引退することを発表した。

 藤ヶ谷は1981年生まれの36歳。1999年に磐田東高校からJ2のコンサドーレ札幌に加入してプロ選手としてのキャリアをスタートさせ、2003年から04年にかけてはレギュラーとしてゴールを守った。

 2005年にはG大阪へ移籍し、シーズン後半からレギュラーポジションを獲得してJ1初優勝に貢献。08年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝を飾ってクラブ・ワールドカップにも出場した。

 G大阪では9年間の在籍でリーグ戦通算200試合以上に出場。2014年にジュビロ磐田へ完全移籍したあと、翌年から再びG大阪に復帰した。

 今季リーグ戦では第4節浦和レッズ戦の1試合の出場のみだが、YBCルヴァンカップでは全4試合で先発起用された。キャリア通算では464試合に出場している。

text by 編集部