(写真提供=SPORTS KOREA)チェ・ホンマン

写真拡大

かつて“コリアン・モンスター”と呼ばれて日本でもその名を轟かせた長身ファイターのことを覚えているだろうか。

“韓流大巨人”の異名もあったチェ・ホンマンのことである。

韓国の伝統格闘技“シルム(韓国相撲)”で日本の横綱に匹敵する地位まで上り詰め、K-1に参戦しボブ・サップなどとも激闘を繰り広げた。

2010年には嵐の大野智主演のドラマ『怪物くん』でフランケンを演じるなど、芸能界でも引っ張りだこだったが、韓国に戻ってからは金銭トラブルが発覚したり、女子大生への暴行疑惑が浮かび上がったりと、トラブルやスキャンダルが取り沙汰されることが多かった。

“韓流大巨人”が10年ぶりの勝利!!

そんなチェ・ホンマンが久々にファイターとしての顔を取り戻した。

昨日11月27日にソウルで行われた格闘技大会「エンジェルス・ファイティング」に出場し、立ち技限定のキックボクシング・ルールで10年ぶりの勝利を挙げたのだ。

韓国の格闘技大会といえば「ROAD FC」が有名だ。「ROAD FC」は韓国はもちろん、中国でも興行を展開しており、2015年7月には日本の東京・有明コロシアムでも「ROAD FC 024 in JAPAN」を開催しているので、ご存じの格闘技ファンもいることだろう。

最近は人気ラウンドガールで“一発KOセクシー”の異名を持つチェ・スルギなども有名で日本でもファンが多い。
(参考記事:ラウンドガール界の“ポーズの女王”チェ・スルギが魅せる一発KOセクシー!!

実は韓国帰国後、チェ・ホンマンもこの「ROAD FC」のリングに上がっていた。2015年7月に「ROAD FC 024」で6年ぶりの格闘技復帰を果たしていたのだ。

ROAD FCでは期待に応えられず

ただ、復帰戦は開始2分も持たずに失神KO負け。

続く「ROAD FC 027」(2015年12月)では対戦相手の棄権によってTKO勝利を収め、「ROAD FC 030」では1ラウンドTKO勝ちするが、マイティ―・モーとの3度目の対戦となった2016年4月の「ROAD FC 033」では1ラウンドKO負けを喫していた。

ちなみに同じ時期、「ROAD FC」は“美しすぎるファイター”として有名だったソ・ガヨンとのトラブルも抱えていたが、なかなか復活できないチェ・ホンマンは“期待外れの客寄せパンダ”だったかもしれない。

チェ・ホンマンにとっても苦しい時期だったことだろう。

異色コンセプトの「エンジェルス・ファイティング」とは?

そんなチェ・ホンマンが「RODA FC」に別れを告げて選んだのが、「エンジェルス・ファイティング」のリングだった。日本では聞きなれない格闘技団体だが、このコンセプトはユニークだ。

なんと興行収入の一部を、難病に苦しむ子供たちに寄付することを目的にしており、俳優のチョ・ジュノが共同代表を務めている。

出場選手の顔ぶれも多彩で、昨年は稲村亜美も顔負けのパワフル&セクシー始球式で話題になった“マッスル美女”キム・ジョンファも、「エンジェルス・ファイティング」のリングに立っている。

チェ・ホンマンは今年8月、この「エンジェルス・ファイティング」と契約した。

会見ではなぜか多くのラウンドガールたちを従えてニンマリだったが、それもエンターテイナー気質がある彼なりの演出だったのだろう。

チェ・ホンマンが日本で人気だった頃、情報雑誌のインタビュー取材や共通の知人を介し他食事の席をもとにしたことがあるが、気の優しい男でもある。

「私の周囲では難治病で苦しむ子供たちが多い。かろうじて生活する患者とその家族たちの力になりたい思い、格闘家人生の最後の舞台としてこのリングを選んだ」と、真摯に決意を語ることも忘れなかったのも彼らしい。

ちなみに「エンジェルス・ファイティング」のリングでチェ・ホンマンが対峙したのは、日本の内田ノボル。元キックボクサーで、かつてチェ・ホンマンがK-1のリングに立っていた頃、内田もK-1に出場していた。

2人は3ラウンドを戦い、判定勝ちでチェ・ホンマンが拳を上げている。

「私のファイトマネーは韓国と日本で闘病中の2人の子供の治療費として使われる。多くの子供たちを助けることができる、道しるべのような存在になりたい」と語っていたチェ・ホンマン。

今回の勝利を機に、お騒がせ男が“善行のコリアン・モンスター”と呼ばれるようになることを期待したい。

(文=慎 武宏)