画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●蛭子能収さん、Windows 10をアピール

漫画家・タレントの蛭子能収さんが、2017年冬のWindows 10 キャンペーンキャラクターに起用された。蛭子さんとWindows 10……少し縁遠いような気もする意外な起用だが、キャンペーンでは、Windows 10のCM制作を蛭子さんが手がけるという。CM制作に先駆けて作られた、日本マイクロソフトと蛭子さんのオリエンテーションの様子を描いたプロモーションムービーでは、蛭子さんがWindows 10の新機能を独特のノリで体験していくが、「ホントは漫画やりたくないから」「CMに出てればギャラが良い」といった攻めた発言も笑いどころのひとつとなっている。

28日、蛭子さんのWindows 10 クリエイティブ・ディレクター就任披露式がビックカメラ有楽町店で、CMお披露目会がヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで開催された。本稿ではその模様をお届けする。

○CMのコンセプトは「わーっ すごい!!」

蛭子さんの起用は、日本マイクロソフトによると「蛭子さんの高いクリエ イティビティとWindows 10の最新テクノロジーを融合させ、これまでにないCMやプロモーションを開発すること」を目的としたものだったという。日本マイクロソフト 執行役員 常務 コンシューマー&デバイス事業本部長の檜山太郎氏は、「(今までWindows 10を訴求してきた)首都圏に住み、かつ感度の高いユーザーだけでなく、今回は地方でPCに慣れていないユーザーに対してのアピールも狙う」として、その"両方の視点を持っている"という蛭子さんが起用された。

クリエイティブ・ディレクターの就任にあたり、蛭子さんは息子の蛭子一郎氏と、ユニット「EBS_KZ.Inc」(エビスカズインク)を発足。蛭子氏が制作したCMに、サウンドディレクターの一郎氏が効果音をつけ、さらに蛭子氏の孫がナレーションを務める三世代CMが完成した。

ビックカメラ有楽町店では、蛭子さんのWindows 10クリエイティブ・ディレクター就任式が行われた。登壇した蛭子さんは、「嬉しいといえば嬉しいが、なんかよくわからん気持ちもある。きょとんとしている」と集まった記者達を沸かせた。

制作したCMのコンセプトは「わーっ すごい!!」。事前のプロモーションムービーでは、Windows Helloで顔認証ログインを試したり、デジタルペンでイラストを描いたり、フォトアプリで写真をつなげてアルバム動画を作成したり、Windows Mixed Realityヘッドマウントディスプレイで旅行気分を味わったりしていた蛭子さん。Windows 10の新機能について、「まとめると『わーっ すごい!!』という感じ」とコメントした。

●蛭子さん「MRがあれば海外に行く必要ないよね」

ヨドバシカメラ マルチメディア Akibaでは、蛭子能収さんが制作した、Windows 10の新CMがお披露目された。「Windows Hello篇」「デジタルペン篇」「フォトアプリ篇」「Windows Mixed Reality篇」の4本で、蛭子さんが描いたイラストに、息子の蛭子一郎氏がサウンドを付け、タイトルコールは蛭子さんの孫が声を当てている。いずれも日本マイクロソフトのYouTubeアカウントで28日に公開されており、独特のテンポと手書き文字が魅力的的に仕上がっている。

Windows 10(最新版のWindows 10 Fall Creators Update)を使った蛭子さんは「デジタルでは色を塗るのが簡単だった。まだ紙を使っているが、慣れれば紙をなくせる」「(Mixed Realityでは)海外にいる気分。全部が本物みたいで、もう海外に行く必要がないよね」と驚きを表現。日本マイクロソフトの檜山氏は「蛭子氏ならではの映像表現で期待通り。『クリエイティブ・ディレクターエビス・ヨシカズ、ここにあり』という感じ」と制作された新CMを評価した。

●2017年冬のWindows 10キャンペーンは"4本柱"

日本マイクロソフト 執行役員 常務 コンシューマー&デバイス事業本部長の檜山太郎氏は、同社が展開する2017年冬のキャンペーンの概要を紹介。今冬のキャンペーンは4本の"柱"を立てていくという。ひとつは上で述べた、蛭子さんを起用してのWindows 10の訴求だ。

また、Surface登場5周年を記念し、28日からプロモーションを実施。限定色「アクア」のSurfaceアクセサリー(タイプカバー、Surfaceペン、Arcマウス)を提供するほか、Surface Proとタイプカバーのセットモデルを数量限定で直販92,800円(税別)で販売する。またSurface Proのキャッシュバックキャンペーンも2017年12月31日まで実施し、タイプカバー価格相当の18,000円が、本体購入者にキャッシュバックされる。

Officeの新機能を紹介するキャンペーンも実施。Office Premium Office 365の新機能を使い、プロモーションムービー「サラリーマン障害物競走〜定時退社の称号は誰の手に!〜」を公開した。

最後のひとつが、WDLC(ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム)による「My First PC 年末キャンペーン」だ。これはデジタル教育へ向け子どものPC利用を推進する試みで、タレントのつるの剛士さんを起用し、子どもが早くからPCに触れるメリットを呼びかける。

日本マイクロソフトの檜山氏は小学校でのプログラミング必修など、教育市場におけるコンピューティングデバイスの推進を背景に、「10月にリリースされたWindows 10 Fall Creators Updateの提供で、Windowsの訴求はこれからが山場。子ども向けの教育市場には手応えを感じており、盛り上げていきたい」と話した。