外交部の魯報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は28日の定例会見で、北朝鮮でミサイル発射準備とも受け取れる動きが捕捉されたとの報道について、「政府は米国、日本などの友好国と緊密に連携し、北が新たな挑発に出る可能性を注視しながら万全の警戒態勢を取っている」と述べた。

 共同通信は複数の日本政府関係者の話として、北朝鮮による弾道ミサイル発射の準備をうかがわせる電波信号が捕捉され、日本政府が警戒を強化していると報じた。関係者は数日内に発射する可能性もあると述べたという。