足元の防寒対策に欠かせないブーツですが、蒸れやすいため人前ではなかなか脱ぎにくいのが難点ですよね…。蒸れたブーツはニオイも気になるところ。この記事では、ブーツが蒸れる原因と対策について見ていきます。ブーツを履くことの多い人は、ぜひ大人のエチケットとして蒸れ対策をチェックしておきましょう。

ブーツが蒸れる原因は足の汗

ブーツを履くと足が蒸れてしまうのは、足の汗が原因です。ブーツはもともと足全体を覆うつくりになっているため、汗が蒸発しにくくなっています。特に防寒対策のなされたブーツだと、中に熱を閉じ込めるために空気がこもりがち。そんなブーツの中では蒸発しなかった足汗が蒸れて、ニオイを発してしまうのです。足の汗が溜まってしまうと、汗の中に潜んでいた皮脂や角質をエサにして悪玉菌が繁殖してしまいます。こうしや足汗の蒸れによる菌の繁殖で、悪臭が漂うことになるのです。

タイツを履いているとさらに蒸れ&悪臭増加

女性であれば、タイツとブーツの組み合わせはもはや鉄板ですよね。そんなタイツとブーツの組み合わせは、ブーツ内の蒸れをより悪化させる組み合わせです。特に厚手のタイツや保温性に優れたタイツなどは、熱を閉じ込めようとするあまり足汗が蒸発しづらいつくりになっています。タイツを履いた状態で、さらにブーツを履くとなると…当然足汗は蒸発せず、こもって悪臭を放つようになります。タイツとブーツを組み合わせているときは特に注意して足の蒸れに気をつけましょう。

5本指ソックスで足汗の蒸れを防ごう

足汗の蒸発を促すためには、足の指がバラバラになった5本指ソックスがおすすめです。指の股がしっかり分かれていると、足汗が溜まるのを防いでくれます。足の指と指の間は足汗がとくに溜まりやすい場所なのです。最近ではソックスだけではなく、5本指タイツorストッキングも販売されています。ブーツを履く人は5本指の靴下で蒸れを防ぎましょう。通気性・吸水性に優れたウール製やシルク製の靴下ならより安心ですね。

毎日足をしっかり洗って角質を落とす

お風呂で身体を洗うとき、足の裏までしっかり綺麗に洗えていますか?足の裏を洗って古い皮脂や角質を落とすだけでも、十分にブーツの蒸れや悪臭を防ぐことができます。もともと汗は老廃物を排出するために分泌されるものです。その老廃物となる皮脂や角質を除去すれば、足汗が原因の悪臭や蒸れのリスクが軽くなるというわけです。入浴時には温かいお湯にしばらく足を浸けて汚れをふやかし、泡立てた石鹸で念入りに汚れを取り去るようにしましょう。


writer:さじや