画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは2017年11月27日(現地時間)、Microsoft Ignite 2017で発表したAzure Migrateをプレビュー版として公開したことを、公式ブログで発表した。Azure Migrateは、仮想マシンエージェントの検出により、各仮想マシンの依存関係を把握し、仮想マシンに割り当てるCPUやストレージなどのリソースサイズの適切性などを把握できる。

例えばオンプレミスの仮想マシンをMicrosoft Azureへ移行する場合、仮想マシンが1,000台未満の場合は単一のプロジェクトで対応可能。1,500台以上の仮想マシンはプロジェクト数の増加で対応する。各仮想マシンはvCenter Server バージョン5.5/6.0/6.5上で管理された仮想マシンが対象。プレビュー版のAzure Migrateは無償提供され、プロジェクトは米国中西部リージョンで作成することになるが、米国西部2、英国西部、東日本各リージョンで評価できる。

また、特定のワークロード用仮想マシンに対しては、SQL Service及びOracleデータベースをAzure SQL Databaseへ移行するDMS(Azure Database Migration Service)や、サーバー用のASR(Azure Site Recovery)を用意する。

阿久津良和(Cactus)