▽ガンバ大阪は28日、ユースに所属するMF芝本蓮(18)とFW白井陽斗(18)、前橋育英高校のDF松田陸(18)を来シーズン新加入選手として仮契約したことを発表した。

▽大阪府出身の芝本は、ジュニアユース時代からG大阪の下部組織に所属。今年はU-18日本代表候補にも選出され、2種登録選手としてトップチームに登録されていた。今シーズンはここまでU-23チームとして明治安田生命J3リーグで28試合1得点を記録している。クラブ公式サイトでは、同選手の特徴を「視野の広さと冷静な判断力に加え、優れたパスセンス」と紹介している。

▽同じく大阪府出身の白井は、ジュニアユース時代にG大阪のアカデミーであるガンバ大阪門真ジュニアユースに入団。今シーズンは2種登録選手としてトップチーム登録され、ここまでJ3リーグで18試合2得点を記録している。同選手の特徴は「動き出しの良さとスピードに乗ったドリブル」と紹介されている。

▽群馬県出身の松田は、前橋FCから前橋育英高校に進学した。2016年には全国高校選手権準優勝を経験し、同大会の優秀選手に選出。今年にはU-18日本代表にも招集されており、全国高校総体優秀選手に選出されている。同選手の特徴は「天性のバネとバランス感覚に秀で、空中戦では無類の強さを見せる」と紹介されている。

▽仮契約を結んだ3選手はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆芝本蓮

「この度、ガンバ大阪ユースから昇格しました芝本 蓮です。夢であったプロサッカー選手になることを、中学から育ててもらったこのクラブで叶えられたことを嬉しく思います。自身に携わってくださった方々に感謝の気持ちを持ち、1日でも早くチームに貢献できるように頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします」

◆白井陽斗

「この度、ガンバ大阪ユースから昇格しました白井陽斗です。サッカーを始めた頃から大好きだったこの伝統あるクラブで、プロのキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。ここで満足せず、今まで自分を支えてくれた家族、友人、指導していただいた方々への感謝の気持ちを胸に、一日でも早くチームに貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

◆松田陸

「幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になれることをとても嬉しく思います。今まで支えてきてもらった方々に感謝の気持ちを忘れずに、いち早く活躍できるように頑張りたいと思います」