ヨルダン戦で2ゴールを決めた岩渕も選出。東アジアカップでもその得点力に期待が懸かる。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本サッカー協会は11月28日、12月に開催される「EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会(旧・東アジアカップ)」に向けた日本女子代表のメンバー23名を発表した。
 
 キャプテンの熊谷紗希など欧州組は呼ばず、国内組を中心に組まれたメンバー構成。海外組はアメリカのシアトル・レインに所属する宇津木瑠美のみとなった。ただ11月24日のヨルダンとの国際親善試合からは大きくは変わらず、そのヨルダン戦で2得点を決めた岩渕真奈や、7月の「2017 Tournament of Nations」から続けてメンバー入りしている櫨まどか、中盤の主軸を担う阪口夢穂らが選出された。
 
 ヨルダン戦以外のメンバーでは、GK山下杏也加(浦和L)、DF坂本理保(長野L)、FW菅澤優衣香(浦和L)の3人が再招集されている。
 
 2年に一度開かれる「EAFF E-1 サッカー選手権 2017決勝大会(女子)」は日本のほか、北朝鮮、中国、そして予選ラウンドを勝ち抜けた韓国の4か国で対戦。女子は12月8日から千葉のフクダ電子アリーナで行なわれる。
 
 前回、前々回と北朝鮮に王座を譲っているなでしこジャパンは、8日に韓国、11日に中国、15日に北朝鮮と対戦。2010年以来の優勝を目指す。
 
 なでしこジャパンのメンバー23名は以下の通り。※初招集はなし
 
日本女子代表メンバー
GK
1 池田咲紀子(浦和L)
18 山下杏也加(ベレーザ)
21 松本真未子(浦和L)
 
DF
2 大矢 歩(愛媛L)
3 鮫島 彩(INAC)
4 阪本理保(長野L)
6 宇津木瑠美(シアトル・レイン/アメリカ)
19 北川ひかる(浦和L)
20 万屋美穂(マイナビ仙台)
22 高木ひかり(ノジマステラ)
23 三宅史織(INAC)
 
MF
7 中島依美(INAC)
10 阪口夢穂(ベレーザ)
12 猶本 光(浦和L)
14 中里 優(ベレーザ)
16 隅田 凛(ベレーザ)
17 長谷川唯(ベレーザ)
 
FW
5 櫨まどか(伊賀FC)
8 岩渕真奈(INAC)
9 菅澤優衣香(浦和L)
11 田中美南(ベレーザ)
13 上野真実(愛媛L)
15 籾木結花(ベレーザ)