ゴールデンボンバー喜矢武豊『オトナ高校』出演で「禁句ワード」発す

写真拡大

三浦春馬が主演するドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系、毎週土曜23:05〜)。12月2日に放送される第7話に、ゴールデンボンバーの喜矢武豊がゲスト出演することがわかった。喜矢武が演じるのは、EDに悩む55歳童貞部長・権田勘助(高橋克実)と永遠のスペア処女・園部真希(黒木メイサ)が訪れるバーの店長だ。

この作品は、深刻な少子化問題の打開策として政府が設立した公的機関「オトナ高校」を舞台に、チェリートこと30歳のエリート童貞・荒川英人(三浦)ら、異性との性経験がない30歳以上の男女たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”。先週放送された第6話では、極秘とされていたオトナ高校の存在が、新入生としてやってきた総理の息子(城田優)のウッカリにより、世間に暴露。童貞であることが晒されてしまった英人は大ピンチ、と思いきや、まさかのモテキ到来。「アイドルみたいになってるw」「そりゃこんなイケメンがチェリーだったら世の女性たちが黙ってられないw」「おい!童貞はモテるぞぉおおおおおお」と視聴者からも笑いが巻き起こった。

不器用でピュアなオトナたちの恋愛模様は輪をかけて混迷状態に……。英人は真希を好きだと自覚して人生初めての告白をするが、そこに割って入る権田と、“人を好きになったことがない”という悩みを密かに抱える小悪魔教師・さくら(松井愛莉)。更には、失恋したはずのヒミコ(山田真歩)とヤルデンテ(夕輝壽太)は、毒舌スパルタ教師かつ5人の子持ちシングルファザー・翔馬(竜星涼)を巡り、ライバル関係に。物語はついに最終章へ突入する。

今回ゲスト出演する喜矢武は、『コウノドリ』(TBS系)にゲスト出演するほか、映画や舞台でも活躍中。「『ミュージックステーション』に出演したときに、マネージャーから”(本作の大ファンの)歌広場(淳)に聞かれるとややこしいから”と、こっそり呼ばれて、『オトナ高校』へのゲスト出演の話を聞かされた」という。実は、かねてより歌広場から「『オトナ高校』は今イチオシのドラマだから、喜矢武さんに出てほしい」と言われていたそうで、「素直にうれしいなって思いました」と語る一方、「”僕ですいません”という思いもあります」と、歌広場への思いやりもにじませた。

第7話で、英人と同棲生活を始めた真希の悩み相談に、真希に想いを寄せる勘助が乗るという、切ないシチュエーションが繰り広げられる中、喜矢武演じる店長が“そこで言っちゃダメだろうよ”という禁句ワードを発し、その後の展開のキーパーソンとなる人物を演じる。

出演シーンの撮影を終えた喜矢武は「(出演シーンが)短けぇな(笑)!」とおどけながらも、「自分の演技がどうこうより、高橋克実さんと黒木メイサさんの演技を近くで見られたことが、幸せでした」と謙遜コメント。しかし、実際の撮影では本物の役者の演技に触発されたのか、演技力を爆発させてくれた喜矢武に監督も感動!? なんと突如、通行人としてのシーンも追加された。これには喜矢武も大喜びし、「うっかりしていると見逃してしまうので、ぜひ画面の隅々まで見てください(笑)」と視聴者に呼びかけた。