「冷やし中華始めました」AMEMIYA、イケメン俳優役で『監獄のお姫さま』出演

写真拡大

歌ネタ芸人・AMEMIYAが、11月28日に放送される連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系列、毎週火曜22:00〜)第7話に出演することがわかった。

主演・小泉今日子、脚本・宮藤官九郎のタッグで放送されている本作は、5人の女囚と1人の刑務官による、イケメン社長への復讐劇を描いた“おばさん犯罪エンターテインメント”。小泉をはじめ、満島ひかり、夏帆、坂井、森下愛子、菅野美穂といった豪華女優陣、また民放連続ドラマ初出演となる伊勢谷友介のほか、塚本高史、猫背椿、池田成志といった話題の俳優陣が出演し、過去に同じ刑務所にいたおばさんたちが、仲間の冤罪を晴らすため、罪を被せたイケメン社長を誘拐し追い詰めていくストーリーだ。

2011年に『イケメン歌がうまい王座決定戦スペシャル』(フジテレビ系)で優勝、「冷やし中華始めました」の歌ネタが大ヒットしたピン芸人・AMEMIYA。連続ドラマ出演は、2015年のNHK連続テレビ小説『まれ』以来2年ぶりとなるが、今回は坂井演じる洋子が熱狂的に想いを寄せるイケメン剣道ミュージカル俳優・大洋泉(たいよういずみ)を演じる。

さらに、12月5日放送の第8話には、尾美としのりとIKKOの出演も決定。尾美は1978年に13歳でデビュー、1983年に公開された大林宣彦監督の映画『転校生』に出演し大きな注目を集めた。その後もドラマや映画、舞台でさまざまな役柄を演じており、宮藤脚本の作品にも数多く出演している。そんな尾美が本作で演じるのは、森下演じる元指定暴力団組長夫人・明美のもとへやってくるかつての組の残党“若えの”役。なぜ“若えの”は、明美の前に現れたのか?

一方、IKKOは、出所後再起を懸けてバラエティ番組に出演する財テクタレント・勝田千夏(菅野)を激しく恫喝する大物タレント役で出演する。菅野とIKKOの掛け合いやいかに。