3月にマデイラ国際空港で行われた式典に出席したクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大

第1弾は“不気味”で話題も…第2弾完成、本人がSNS公開「ようやくきちんとした胸像を作った」

 サッカー・スペインリーグ1部、レアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウドは3月に母国のポルトガルに銅像が完成し、そのクオリティーの低さで世界に微妙な空気を広げていたが、このほど、新たな“クリロナ像”が出現。ロナウド本人が「ようやく誰かが、きちんとしたクリスティアーノの胸像を作った」と画像付きで紹介し、今度は高い完成度に対して米メディアが「より一層正確なロナウド像を見てみよう」と特集するなど、話題を呼んでいる。

 ロナウドは26日にツイッターを更新。「ようやく誰かが、きちんとしたクリスティアーノの胸像を作った」とつづり、2つの写真を掲載している。

 左側は3月にポルトガルのマデイラ国際空港に完成した胸像。やたらピカピカと輝いているが、笑みを模った顔はなんとなく目、鼻、口のパーツが中央に寄った印象で、不気味さを醸し出している。右側はこのほど出現した新たな胸像。色合いはマットな印象だが、やや眉間にしわが寄って口元を引き締め、キリッとした表情はイケメンぶりを忠実に再現しており、そっくりだ。

 これを受け、米紙「USAトゥデー」は「笑いものになった空港の胸像よりも、より一層正確なクリスティアーノ・ロナウドの像を見てみよう」と注目している。

第2弾の完成度なら本人も満足? 米紙は称賛「そして、これは遥かに優れている」

「みんなが笑ったクリスティアーノ・ロナウドの胸像が3月にマデイラ国際空港で公開されたことを覚えているだろうか」とつづり、芸術家のホセ・アントニオ・ナヴァッロ・アルテアガ氏がよりも優れたものを作ろうと試みたことを紹介。「そして、これは遥かに優れている」と称賛している。

 記事によると、レアル・マドリードのファンの息子がマデイラ国際空港の像を見た後、さらに素敵な像を作ってほしいとねだり、製作したという。

 製作した本人は「表現したかったのは彼の内面的な強さなんです。彼がフリーキックやコーナーキックを蹴る準備をしている時の」と代名詞の一つであるFKに挑む際の闘志を再現したと語っている。

 今回は見事な完成度で称賛を浴びることになった“クリロナ像”。世界最高ストライカーにふさわしい出来栄えとなり、ロナウド本人も満足していることだろう。