中国メディア・今日頭条は25日、「文化的な違い・・・日本人が完全に自覚していない、日本人のおかしなところ」と題し、本人たちからすれば当然だが、外国人から見たらとても奇妙に見える日本社会の習慣について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディア・今日頭条は25日、「文化的な違い・・・日本人が完全に自覚していない、日本人のおかしなところ」と題し、本人たちからすれば当然だが、外国人から見たらとても奇妙に見える日本社会の習慣について紹介する記事を掲載した。

 最初に紹介したのは、日本では依然としてFAXが利用されていること。「外国人にとってFAXはカセットテープと同じくらい古いイメージだ。しかし、先進的な科学技術を持つ日本では依然としてFAXが愛用されている」と説明した。

 続いて挙げたのは、印鑑だ。「日本では銀行の取引をしたり住宅を買ったりなどする時、印鑑が必要になる。ただ、印鑑は簡単に模造できるうえ、100円ショップでさえ購入できる。印鑑の信用度はこんなに低いのに、依然として使っているというのは謎だ」としている。

 銀行は届出印と同じ印鑑が必要であり、住宅の購入などに必要なのは実印。これらの信用性は記事が指摘するほど低くはない。しかしその一方で、ここにわざわざ印鑑を押す必要があるのか、と思うシーンがあるのも確かだ。

 記事はさらに、お店でもらえるビニール袋の多さを指摘している。「キャンディ1つ買っただけでビニール袋がもらえる。アイスとホット飲料を一緒に買えば、袋が2枚来る。そして、コンビニ店員の手際があまりにも良すぎて、断ろうとする時には既に袋に商品が入っているのだ」と伝えた。

 このほか「お菓子が多重包装になっている」、「ゴミ箱が無いのに、街がとてもきれい」、「マスクを愛用している」、「朝から政治家が大声で街宣活動している」、「果物の値段がとても高い」といった点を挙げている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)