『LINEオーディション2017』受賞者集合写真

写真拡大

オーディション企画『LINEオーディション2017』の受賞者が発表された。

【もっと画像を見る(6枚)】

音楽ストリーミング時代の新スターを発掘することを目指す同プロジェクト。審査はGReeeeNなどを手掛けた音楽プロデューサーのJINをはじめとする審査スタッフによって行なわれた。

総合グランプリに輝いたのは、バンド部門のNo title。全員16歳の3人組で、メンバーは種市悠人、工藤帆乃佳、安部遥音。各部門の最優秀賞も発表され、ボーカリスト部門は16歳の福室莉音、シンガーソングライター部門は17歳の森高いるか、ラッパー部門は21歳のMCfrog、フリー部門には本間美咲と凪原亜希による「ふたりオポジット」が選ばれた。各受賞者のコメントもあわせて発表された。

総合グランプリ受賞者は賞金100万円に加えて、LINE RECORDSからの年内デビュー、LINE公式のMUSICスタンプの発売、JINによる楽曲プロデュースなどの特典が与えられる。また、各部門の最優秀賞を受賞した4組も、LINE RECORDSの協力のもと、2018年中にLINE MUSICで楽曲配信を予定している。

■No titleのコメント
まだ信じられないです。まだ未完成なバンドなので、今回をきっかけに、すごい反響を頂いていて、びっくりしています。これから年内デビューに向けて、私たちらしさを見失わずに精一杯がんばりますので応援お願いします。

■福室莉音のコメント
本当にびっくりしたのと、嬉しい気持ちが積み重なって、思わず涙が出そうです。
歌うことが好きなので、自分の歌を今よりももっと多くの人に聞いてもらえると思うと嬉しいです。
皆さんに応援してもらった分、お返しできたらいいなと思っています。

■森高いるかのコメント
最初は突然、最優秀賞決定の通知がLINEできたので信じられなかったですけど、自分の歌がこのように評価されて本当に嬉しいです。今後、シンガーソングライターで検索したら自分の名前が出てくるように大きく成長していきたいです。

■MCfrogのコメント
はじめは夢かと思いましたが、いま現実にこうやってステージに立てて、すごく嬉しいです。
これからもっと活動の幅を広げていきたいです。海外にも行きたいと考えています。

■ふたりオポジットのコメント
ビックリして腰がやられています。ファイナリストになると思わなかったから、最優秀賞を受賞すると聞いて、涙ぐんじゃったぐらいです。今後の夢は、東京ドームのような人がパンパンになる大きな会場でライブしたいです。