ボルシアMGのクラマー【写真:Getty Images】

写真拡大

ブンデスで通算1000オウンゴール達成…リーグ公式が“名オウンゴール集”を公開

 サッカー・ドイツ1部ブンデスリーガで前節、歴代オウンゴールが1000を記録した。1963年のリーグ創設以来、55年目で到達した珍記録を“祝福”し、リーグ公式Youtubeチャンネルは“名オウンゴール集”を特集。ファンから「ブンデスリーガは最高だ!」と笑撃が広がっている。

 なぜ、彼らは自分のゴールに入れてしまったのか。そう思いたくなるほど、そのゴールは華麗で、そして滑稽だった。

「最長オウンゴール」に選出されたのは、ボルシアMGのMFクラマー。14-15シーズンのドルトムント戦。中盤でのパス回しでセンターサークルから戻りながらボールを受けたクラマーは、密集地帯からセーフティーに一旦、GKに戻そうとダイレクトで自陣ゴール方向に放った。

 エリア前に出ていたGKの位置を確認していなかったのか、距離を誤ったのか、GKの頭上を豪快に越えたボールはワンバウンドでネットに吸い込まれた。その距離、およそ50メートル。ボールを見送ったクラマーは呆然と頭を抱え、がっくりとうなだれるばかりだった。

「最も滑稽なオウンゴール」に選ばれたのは、コトブスGKピプリカ。01-02シーズンのボルシアMG戦。ゴール前の混戦でエリア境界線付近のやや左から相手選手が左足でシュートを放った。しかし、チェックしたディフェンスの足に当たり、ボールは高々と舞ってゴール方向へ。

悠々キャッチのはずが…ファンも抱腹絶倒「ブンデスは最高だ!」「投票調査すべき」

 悠々とキャッチできるはずだったが、ゴール前で視線をピプリカはクロスバーに当たるかと思って見上げていたが当たらず、代わりに当たったのは自分の頭。しかも、そのままゴールに吸い込まれてしまった。ピプリカは揺れたネットを掴み、そのままピッチに突っ伏して頭を抱えてしまった。

 ほかにも「最もスペクタクル」では20メートルの距離から豪快な“ミドル弾”、「1試合最多」では2人で決めてしまった計3得点、「最も痛い」では味方のクリアを至近距離から顔面に食らってゴールに入ったGKなど…多くはご丁寧にスロー再生付きで、笑ってはいけないのに笑ってしまうゴールシーンばかりだ。

 映像を見たファンから「ブンデスリーガは最高だ!」「皮肉だ」「1000オウンゴールって冗談だろ」と反響を呼び、さらに「選ぶのが難しいな」「投票調査すべきだよ」「クラマーが一番面白かった」「ピプリカが自分のお気に入りだよ」と思い思いの声が上がっていた。

 最近でもJリーグから海を渡り、日本代表MF香川真司、長谷部誠ら多くの選手がプレーしてきたブンデスリーガ。ピッチ上で本来繰り広げられているのは世界トップレベルのプレーだが、1000ゴールに到達した節目を機に数々のオウンゴールが大きな反響を呼んでいる。