新型リーフに搭載されたプロパイロットパーキングは、日産が先駆ける最先端の自動運転技術であり、「E-Pedal」、「プロパイロット」と並ぶ、新型リーフの3大アピールポイントの一つです。「スイッチ一つで自動運転というキャッチコピーはこの事か!」と感じさせてくれるこの機能を試してみました。

駐車をするには、以下の操作手順を踏むことになります。

STEP1 駐車したいスペースの手前で、プロパイロットパーキングスイッチを1回押し、ゆっくりと前進して駐車したい場所の真横に車両を止める。

 

STEP2 クルマが駐車可能スペースを自動検知し、ナビ画面上にPマークが点灯。確認した上でプロパイロットパーキングスイッチを押し続ける。

  

STEP3 必要に応じて何度か前後に切り返し、駐車完了すると自動的に電動パーキングブレーキが作動し、Pレンジにシフトチェンジされるのを確認して終了。

 

プロパイロットパーキングは、狭い場所への駐車やパーキングする位置へのアプローチがうまくいっていないと、一発で駐車完了とはならず、クルマ側が懸命に切り返し動作をしてくれます。ある種、感動すら覚えました。


でも、「素晴らしく良い出来です!」とは手放しで言えない理由が2つあります。

1つ目は、駐車位置が目標とずれてしまう点です。それは縦列駐車のシーンで起きました。プロパイロットパーキングの手順に従って、駐車を行ったところ、後輪が駐車枠の白線を踏んでしまいました。クルマを降りて見ると、前輪は枠内にいるので、明らかに分かる程に斜め駐車でした。

「ナビモニタでの位置決めが悪かったのか?」位置調整は、クルマの前後・左右と角度も調整ができます。今度は、角度も微調節して合わせたのですが、2度目も同じ様に後輪が白線を踏む始末。「再現性あるということはこれが実力か、、。」と、ちょっと残念な結果に。

今度は、駐車の様子をクルマの外から確認すると、駐車する際のクルマの鼻先の振り方と、後退してクルマを駐車エリアに押し込む動作は良くできていますが、最後にステアリングをまっすぐに戻して停車する調節ができていない様子です。駐車エリアの中へ、まっすぐに駐車したい方には、少しストレスを感じるかもしれません。

2つ目は、駐車完了までに時間かかる点です。先ほどの縦列駐車の場合、スイッチを押し始めてから駐車完了状態まで、約80秒かかります。

駐車位置を決めるために、既に40秒を要していたので、約120秒はパーキングの為に同じ所を車が動いていた事になります。広くて、周囲を通過する人やクルマが少ない駐車場であれば、気にならない時間かもしれませんが、自車の後ろにクルマが列をなしている様な駐車場であったり、切り返すのもやっとな極狭の駐車場では、プロパイロットパーキングを使うのをためらってしまいます。

ちなみに、周囲を人や自動車が通ると、アラームが鳴り、プロパイロット パーキングは停止します。インテリジェントアラウンドモニターの移動物検知機能によって、クルマの周りを歩いている人などの移動物を検知して、ディスプレイへの表示とブザーでドライバーにお知らせしてくれます。

一つ付け足すと、プロパイロットパーキング時、停止した状態でハンドルをフル転舵まで据え切りする事があります。これは、タイヤのフラットスポットの原因になりますので、徐行で移動しながら転舵するように改善される事を要望します。

駐車精度や経過時間は、車両開発担当者も把握するでしょうし、当然改善していくと思います。しかし、このシステムを使う側も、制御の特徴を理解していないと、却ってストレスの元となり、駐車を慌ててしまい思わぬアクシデントの原因にもなりえます。ユーザーへのシステムの理解は、一層必要だと感じました。

(文:吉川 賢一/写真:吉川 賢一・小林 和久)

【新型リーフ試乗04】 プロパイロットパーキングで手放し駐車可能になっても手放しで喜べない理由2つ(http://clicccar.com/2017/11/28/532632/)