同級生に押され高1が踏切事故死した事件 加害少年側は請求棄却求め争う姿勢

ざっくり言うと

  • 兵庫県尼崎市で2015年、同級生に押された高1が踏切で電車にはねられた事件
  • 28日、高1の両親が損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が開かれた
  • 加害少年側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング