ご主人の森野さんは「蕎麦は熱いか、冷たいかのどちらかがいい」ときっぱり。だからあえてつけ蕎麦はやらないが、その分だけ温かい蕎麦に思い入れが深い。

蕎麦切 森の(最寄駅:本郷三丁目駅)

毎冬ごとにメニューを考案しているが、今年は「聖護院かぶらそば」となった。千枚漬で知られる聖護院かぶらが美味しくなるこの時期を待って、満を持しての登場である。絶品のダシの旨みと魚介のダシを計算して味付けはごく薄味。上から葛あんを回しかけているので冷めにくい。ふうふういって食べたい冬のご馳走蕎麦だ。

聖護院かぶらそば

毎日築地に通うという森野さん。この蕎麦にのせる魚介も、その日に仕入れたいいものを使う。枕崎の生産者から直接送ってもらう極上の鰹節を使ったダシは香り豊か。雑味のないクリアな味わいなので最後まで飲み干せる

山賊そば

顔を近づけると鴨のいい香りが食欲をかきたてる。鴨のもも肉を使った鴨団子にきのこや青菜などが入り、鴨の脂がまわったかけつゆが美味しい。そばなしの「鴨団子汁」750円も人気で、せいろと一緒に頼むのもおすすめ

栗の渋皮煮

ほっくりした甘さの栗の渋皮煮。甘味は時期によって変わる

たたみ鰯

サッと炙って出される「たたみ鰯」は、築地でいいものを厳選している。お決まりの炭を入れた焼き海苔箱で登場。醤油をチョンとつければ日本酒のお供に最適。少し焦げたところがまた香ばしい。

焼のり

厚みがある「焼のり」はわさび醤油で

[その他のメニュー]
ざる800円、胡麻だれ950円、田舎切980円、きしざる950円、穴子の煮凍810円ほか

蕎麦切 森の

[住所]東京都文京区本郷2-25-1 ムトウビル1階 [TEL]03-3818-9555 [営業時間]11時半〜14時LO、17時〜20時半(20時LO)、土11時半〜14時半(14時LO)※12/31は20時LO、この日だけサあり ※ランチタイム有[休日]日・祝 [席]カウンター2席、テーブル12席、計14席/全席禁煙/夜は予約可/カード不可/サなし、お通し代別100円 [交通アクセス]地下鉄丸ノ内線本郷三丁目駅から徒歩5分