【ソウル聯合ニュース】北朝鮮による弾道ミサイル発射準備をうかがわせる電波信号が捕捉され、日本政府が警戒を強めているとする共同通信の報道と関連し、韓国軍合同参謀本部のノ・ジェチョン広報室長は28日の国防部定例会見で、「日本の報道を確認するのは適切ではないと思う」としながら、「北のあらゆる挑発の可能性に備え、韓米が連携して綿密に追跡・監視している」と述べた。

 これと関連し、韓国政府筋は同日「ミサイル発射前と同じ兆候が最近北で感知され、あらゆる可能性を考慮し北に対するミサイル監視態勢を強化している」と伝えた。北朝鮮は27日も発射したミサイルの軌道を追跡するレーダーを稼働させ、ミサイル基地内の通信も急増したとされる。

 一方、北朝鮮が27日に短距離ミサイルを発射したとの情報については、「そのような情報は持っていない」と答えた。

 北朝鮮は9月15日に日本上空を通過する中距離弾道ミサイルを発射して以降、約70日にわたり軍事的な挑発を行っていない。