【詳細】映画『ジオストーム』×B’z、日本語版主題歌予告はこちら

ジェラルド・バトラー主演、ディーン・デブリン監督(『インデペンデンス・デイ』)による、天候を操る気象コントロール衛星の暴走が地球に引き起こす超異常気象を描くディザスターアクション大作『ジオストーム』が、2018年1月19日に全国公開。

そしてこのたび、前代未聞のディザスター映像と、日本語版主題歌に抜擢されたB’zの新曲「Dinosaur」がミックスされた予告映像が公開された。

気象コントロール衛星“ダッチボーイ”の暴走によって灼熱の太陽が輝くブラジル・サンパウロの海岸に突如として迫りくる、氷点下の波。そしてその頃、ちょうど地球の真裏にあたる日本の銀座では、人類が体験したこともないような直径5mクラスの強大な雹(ひょう)が降り注いでいた。公開された30秒の映像には、地球全土がとてつもない大災害に見舞われていることが描かれている。

そしてちょうど19秒辺りに差しかかるころから、降り注ぐ雹の衝撃をさらに加速させるかのごとく、B’z「Dinosaur」が一気に超ド級のスペクタクル映像を盛り上げ、観る者を巻き添えにしながら疾走していく。

B’z が洋画の主題歌を担当するのは今回が初。『インデペンデンス・デイ』シリーズなど、数多くのデ ィザスター作品に携わってきた本作の監督ディーン・デブリンは、「とても野性的なギター音と歌声は、空前絶後のディザスタームービーである『ジオストーム』にぴったりですし、また彼らの一貫したブレない音楽性は、本作の主人公、ジェイク・ローソンの生き方そのもののようで、出会うべくして出会った楽曲だと確信しました!」と語り、今回のコラボを大絶賛している。

また配給会社のワーナー・ブラザース映画は、「『ジオストーム』はエンターテインメント超大作です。どんなアーティストとコラボさせていただくのがよいかと考えたときに、真っ先に案にあがったのが、大迫力のギターサウンドと熱い歌詞でファンを魅了するB’zさんでした」と熱烈オファーの胸の内を明かしている。

デビュー30周年イヤーを迎えているB’zと、ハリウッドの超ド級エンターテイメントのコラボに、今日本中が注目している。



映画情報



『ジオストーム』

2018年1月19日(金)全国ロードショー

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

リリース情報



2017.11.29 ON SALE

B’z

ALBUM『DINOSAUR』

映画『ジオストーム』作品サイト

http://wwws.warnerbros.co.jp/geostorm/

B’z OFFICIAL WEBSITE

http://bz-vermillion.com/