iPhoneシリーズでは「iPhone X」にのみ採用されているフロントカメラの「TrueDepthカメラ」。この進化したフロントカメラにより、顔認証機能のFace IDやユーザーの顔の動きをキャラクターで表現する「アニ文字」などの新機能が実現可能となっているわけですが、これらの新機能がどんなものなのかよくわかるムービーをAppleが公開しています。

iPhone X - Animoji Yourself - Apple - YouTube

ノリノリで首を振るユニコーン





これはiPhone Xでしか使用できない「アニ文字」



いろいろなキャラクターたちが絶妙な表情を浮かべながら歌を歌います。



憎たらしい表情の猿



メチャクチャ悪そうなパンダ



愛らしさを捨て去ったウサギ



これらのキャラクターたちはiPhone Xユーザーの表情を再現しており……



いろんな動物の顔になりきることが可能です。





元の顔の動きとどれくらい近いのかというと、顔の角度や口の開き具合や……



絶妙な半目も再現。



アニ文字は音声も同時に録音してくれるので、自分の歌声を動物が歌っているかのようなアニ文字にして友達に送信することも可能です。



猫の絵文字と女性の顔はまったく似ていないはずなのですが、同じ動きと表情をするので、ムービーで見るとなぜかメチャクチャ似ているように思えてきます。



アニ文字で使用可能なキャラクターは12種類。



現時点ではメッセージアプリからのみ使用できる機能となっていますが、LINEなどの他のコミュニケーションアプリでも同じような機能が使えるようになれば、若い世代を中心に一気に流行りそうなパワーを秘めています。



最後は「iPhone+顔」の……



「+」がクルリと回転してiPhone Xになってムービーは終了です。



・おまけ

アニ文字の破壊力を示すムービーと同時に、AppleはFace IDの紹介ムービーも公開しています。指紋認証機能のTouch IDに代わる、顔認証機能・Face IDを紹介するムービー。

iPhone X - Introducing Face ID - Apple - YouTube

TrueDepthカメラは認識時に目に見えない赤外線を使ってユーザーの顔を深度マップと比較しているので、暗闇でも何の問題もなくFace IDの認証が行えることを示すムービーがコレ。

iPhone X - Opens in the Dark - Apple - YouTube

また、帽子を被ったり眼鏡をかけたりメイクをしたりしてもFace IDの顔認証が可能であることがわかるムービー。

iPhone X - Knows You When You Change - Apple - YouTube