ケイティ・ペリー、世紀のスペクタクル・ツアーがいよいよ日本上陸

写真拡大

世界的ポップ・スーパースター、ケイティ・ペリーの来日公演が決定した。世紀のスペクタクル・ツアーがいよいよ日本に上陸する。

現在発表されているのは、3/27(火)、28(水)のさいたまスーパーアリーナの2公演だ。

ケイティ・ペリーのアルバム・デビューは、2008年発表の『ワン・オブ・ザ・ボーイズ』。次作『ティーンエイジ・ドリーム』(2010年発売)でグローバル・スーパースターのステイタスを築き、3作目『プリズム』(2013年発売)は、世界100の国と地域のiTunesで1位を獲得し、世界売上枚数1,250万枚のセールスを記録した。代表曲「ファイヤーワーク」や「ダーク・ホース feat. ジューシー・J」はそれぞれ、1,000万ダウンロード(ストリーミングとの合算)を突破し、ケイティは女性アーティストとして世界で初めて、アメリカ・レコード協会(RIAA)が認定する「Digital Single Diamond Awards」を2つ受賞した。

また、過去にリリースしたアルバムの世界売上枚数は4,000万枚を超え、楽曲のダウンロード数は1.25億ダウンロードを超える。3rdアルバム『プリズム』を引っ提げ、計151公演行った「Prismatic World Tour」の累計動員数はトータル200万人に上り、さらに、2015年に出演した「第49回スーパーボウル」のハーフタイム・ショーは、ハーフタイム・ショーの歴代視聴率1位の記録を打ち立てた。

2017年6月、待望の最新アルバム『ウィットネス』が、全米アルバム・チャートで首位を獲得。初登場1位は彼女にとって3作目となる。女性アーティストによる2017年の週間アルバム最大セールスを記録した。また、世界的には、『ウィットネス』は46ヶ国のiTunesアルバム・チャートで首位を制覇。なお、同アルバムに収録されている「ボナペティ feat. ミーゴス」のミュージック・ビデオは、
解禁からわずか18日間で再生視聴回数が100万回を超え、ケイティにとっての新記録を更新した。またこのアルバム発売日にYouTubeと組み、96時間に及ぶ生配信イベント「ケイティ・ペリー:ウィットネス・ワールド・ワイド」を実施。この生配信イベントを通じ、ケイティの4日間に渡る動向が余すところなく世界中に映像で伝えられた。この配信は世界190ヶ国以上のファンが視聴し、視聴者数は4,900万人以上に到達。フェミニズムや、政治、多様性の問題といった、深く考えさせられる内容の話から、気軽に楽しめるコーナーや、独占ライヴ・パフォーマンスまでを含んだこのイベントは、世界中で大きな話題を呼んだ。

この最新アルバムを携えて9月19日カナダ・モントリオールよりワールド・ツアーがスタート。ド派手な衣装の数々に、迫力のステージセット、最新アルバムからの楽曲に加えて、多数のヒット・ナンバーで観客のボルテージはヒート・アップ。日本では3月にさいたまスーパーアリーナ2daysが決定した。世界No.1アーティストのスペクタクル・ステージをお見逃しなく。

ライブ・イベント情報
<KATY PERRY WITNESS THE TOUR>

3/27(火) 28(水) さいたまスーパーアリーナ
チケット:S ¥15,000/A ¥10,000/VIP(グッズ付) ¥30,000(税込・座席指定)
一般発売:12/16(土)
詳しい情報はこちらから http://udo.jp/concert/KatyPerry
お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999