J3藤枝、9選手との契約満了を発表…カンボジア代表FWチャンら

写真拡大

 藤枝MYFCは27日、GK三宅貴憲、DF福王忠世、DFクォン・ヨンホ、MF平石直人、MF篠原宏仁、MF畑中佑樹、FW土井良太、FWチャン・ワタナカ、FW佐々木雅人との契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことが決まったと発表した。

 三宅は1992年生まれの現在25歳。ブラウブリッツ秋田でのプレーを経て、昨シーズンより藤枝に在籍していた。2017明治安田生命J3リーグでは5試合出場。

 現在33歳の福王は、2015年にガイナーレ鳥取から藤枝に加入した。今季は公式戦わずか2試合の出場にとどまり、契約満了の運びとなった。

 加入1年目のクォン・ヨンホは、公式戦わずか2試合の出場にとどまり、契約満了の運びとなった。

 平石はプロ3年目の25歳。町田ゼルビアでプレーした後、昨季より藤枝でプレーしていたが、2年での退団が決まっている。今季のJ3では27試合出場1得点の成績だった。

 篠原は1993年生まれの現在23歳。関西大学から明治安田生命J2リーグのレノファ山口でのプレーを経て、今季より藤枝に在籍していた。J3リーグでは4試合出場。

 畑中は1993年生まれの現在24歳。ブラウブリッツ秋田でのプレーを経て、今季より藤枝に在籍していた。J3リーグでは0試合出場。

 アルビレックス新潟シンガポールでのプレー経験を持つ土井は、今シーズンにグルージャ盛岡から藤枝に加入し、公式戦17試合に出場したが契約満了となった。

 カンボジア代表のチャン・ワタナカは、母国のボーウング・ケット・アンコールでカンボジアリーグMVPを獲得。日本の複数クラブが獲得に乗り出し、藤枝が期限付き移籍で獲得。今シーズンより藤枝でプレーしていた。攻撃の要として活躍が期待されたが、出場機会は1試合しか得られず退団することとなった。

 24歳の佐々木はYSCC横浜出身。今年から藤枝へ加わったが、3試合出場0得点に終わった。