平昌冬季五輪が開かれる江原道で雪が降り、気象庁によると26日午前までに大関嶺で16.2センチ、平昌で9センチ、旌善で6.5センチの積雪を観測した。雪で白く染まった五輪の開・閉会式場=26日、平昌(聯合ニュース)
(END)
【ソウル聯合ニュース】障害者スポーツの祭典、平昌冬季パラリンピックが29日で開幕まで100日となる。大会は2018年3月9日から18日まで、「ひとつになった情熱(Passion, Connected)」をスローガンに韓国北東部・江原道の平昌、江陵、旌善で開催される。

 約50カ国・地域の選手・役員ら計1700人余りが参加し、選手は雪上と氷上の6競技で80個の金メダルを争う。韓国からは最大で39人の選手が出場する。

 北朝鮮が大会に参加するかどうかは見通せない。国際パラリンピック委員会(IPC)と大会組織委員会は参加を望んでいるが、北朝鮮は冬季パラリンピックへの出場経験がない上、IPCに登録された選手もいない。

 また、ロシアは国ぐるみのドーピング問題でロシア反ドーピング機関(RUSADA)が世界反ドーピング機関(WADA)から資格停止処分を受けており、平昌冬季五輪(2018年2月9〜25日)とパラリンピックへの参加が厳しい状況となっている。