2012年から始まったJ1昇格プレーオフの歴史を紐解けば、リーグ戦での下位チームの健闘が浮かび上がる。

 2012年は準決勝で6位の大分トリニータが3位の京都サンガF.C.を下し、5位のジェフユナイテッド千葉が4位の横浜FCを撃破。決勝では大分が千葉を打ち破り、いずれも下位チームが勝利を収める結果となっている。


アビスパは山瀬功治が奪った虎の子の1点を守り切った

 2013年は3位の京都と4位の徳島ヴォルティスが下位チームを破って決勝に進んだが、決勝では徳島が京都を倒し、下剋上を実現。2014年は5位のギラヴァンツ北九州がJ1ライセンスを保有していなかったため、準決勝は4位のジュビロ磐田と6位のモンテディオ山形の対戦に。GK山岸範宏の劇的なヘディングシュートで磐田を撃破した山形が、その余勢を駆って決勝でも3位の千葉を下し、J1昇格を成し遂げている。

 2015年は準決勝、決勝ともに上位陣が勝利し、3位のアビスパ福岡が昇格を達成。そして昨年は6位のファジアーノ岡山が3位の松本山雅FCを下したものの、決勝では4位のセレッソ大阪に敗れて涙を呑んでいる。

 過去5年間で計14試合が行なわれた昇格プレーオフは、上位チームvs.下位チームの構図で見ると、対戦成績は7勝7敗の五分となっている。もっとも上位チームは引き分けでも勝ち上がれるレギュレーションのため、実際に試合として上位チームが下位チームに勝ったのは、わずか2試合しかない。

「引き分け=勝利」というレギュレーションが上位チームの戦い方を難しくしているのは間違いないだろう。「引き分けでもいい」という慎重な姿勢が消極性を誘い、逆に勝たなければいけない状況で、ある意味で失うものがない下位チームの勢いに飲まれてしまうのだ。

 しかし普通に考えれば、「引き分け=勝利」は大きなアドバンテージであることも確かだ。ホームで戦えることも含め、その優位性をいかに活用するのかが昇格プレーオフにおける上位陣の重要なテーマとなるのだ。

 11月26日、リーグ戦で4位の福岡は”ホーム”に5位の東京ヴェルディを迎え、昇格プレーオフの準決勝を戦った。本拠地のレベルファイブスタジアムが改修のために使用できず、ロアッソ熊本のホームスタジアムでの開催となったが、9000人近いファンが集結し、十分に”ホーム”の雰囲気が作られたなかでの一戦だった。

 リーグ戦上位チームとして臨んだこの一戦で、福岡は実にしたたかな戦いぶりを披露した。開始14分にMF山瀬功治のゴールで先制すると、その後は安定した守備で東京Vにチャンスすら与えなかった。そのまま虎の子の1点を守り抜き、12月3日に行なわれるファイナルに駒を進めている。

 福岡がこの試合に持ち込んでいたテーマは、受け身にならないことだった。4バックをベースとする福岡だが、この日は3バックを採用。相手のサイドアタックを警戒しつつ、前線からの守備の圧力を高めることが狙いだ。その策の背景には、0-0に終わった10月28日の東京Vとのリーグ戦(第39節)があった。

「その試合ではワイドに広く使われて押し込まれるシーンがあったので、そのあたりを対応したいと考えていました。ただ、3バックでも引いて守るのではなく前から行くことで、ヴェルディさんにいい攻撃をさせなかった。前半からそういった形は作れたと思います」と井原正巳監督が振り返ったように、前線からの積極守備が奏功した。

 山瀬の決勝ゴールも、FWのウェリントンが高い位置でボールを奪ったことがキッカケだった。受け身に回れば、リーグ戦と同様に攻勢を浴びてしまう。ならば多少のリスクを取ってでも、前から圧力をかけていく。そうした福岡の戦いからは、「引き分けでもよし」とする考えは微塵も感じられなかった。

 1点リードしてからも、福岡はハイプレスを継続した。当然、追いかける東京Vが前に出てくることは予想されたが、その圧力に対しても引くのではなく、ガチンコで前からぶつかり合った。

 そこには、追いつかれても勝ち上がれるという意識もあったはずだ。先述した点と矛盾するようだが、1点をリードしたことで余裕が生まれ、さらなる積極性が促されたということだろう。

「彼らは先にゴールを決めたことで、より自信を持ってディフェンスをしていたと思います」と、東京Vのミゲル・アンヘル・ロティーナ監督も福岡の守備力に脱帽するほかなかった。

 終盤に入ると「割り切って少し守ったところもある」と井原監督が明かしたように、後方に人数を割き、逃げ切り策に移行。その分、押し込まれる時間も増えたが、そこにも「1点獲られても大丈夫」という余裕が感じられた。なんとか耐えしのいだギリギリの勝利ではない。「引き分け=勝利」という状況をプレッシャーと感じるのではなく、その優位性を見事に生かし切った、福岡の快勝と言えるゲームだった。

 1年でのJ1復帰に向けて決勝までたどり着いた福岡だが、準決勝のもう1試合で3位の名古屋グランパスが6位の千葉を下して勝ち上がったことで、福岡は決勝を下位チームの立場で迎えることになる。

 この状況が果たして、福岡にどのような影響を与えるのか。優勝した湘南ベルマーレと並び、リーグ最少失点を誇る福岡が守備のチームであることは間違いない。東京V戦で示したように、1-0で勝ち切るしたたかさも備えている。

 しかし、「引き分け=負け」というレギュレーションである以上、決勝は守るだけでは成り立たない。仮に先に点を奪っても、今度は1点獲られても大丈夫だという東京V戦の余裕はなくなることになる。1点獲れば、2点、3点を狙いに行く必要が出てくるはずだ。

「ディフェンスのところは、しっかりやればそう簡単に崩れない自信はある。でも、点を獲りに行くときに、どうするかが課題。次は勝たなくてはいけないわけだから、そのためには得点が必要になる。相手を押し込めるようにやっていきたい」

 キャプテンのMF三門雄大が指摘したポイントはズバリ、決勝における福岡の重要なテーマとなる。

「引き分け=負け」というプレッシャーをはねのけ、福岡はJ1の舞台に返り咲くことができるだろうか。

◆J2降格の大宮アルディージャに漂う虚脱感は何なのか>>

◆日本からの観戦ツアー当日、香川真司に出番なしの無念>>

■Jリーグ 記事一覧>>