文大統領(左)とシリセナ大統領(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】スリランカのシリセナ大統領が28日午前、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の招きで韓国を国賓として訪問する。

 文政権発足後、外国首脳が国賓として訪韓するのはトランプ米大統領、ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領に続き、3人目となる。

 シリセナ大統領が韓国入りする仁川国際空港では外交部の趙顕(チョ・ヒョン)第2次官が出迎える。

 シリセナ大統領と文大統領は29日、青瓦台(大統領府)で首脳会談を行う。会談後は協定署名式、夕食会などが行われる。

 青瓦台の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は22日の会見で、シリセナ大統領の訪韓について、「文大統領の東南アジア歴訪に続き、政府の『新南方政策』の実現に寄与すると期待される」と述べた。