M・ストリープとT・ハンクスが密談する姿も 『ペンタゴン・ペーパーズ』予告編&新場面写真

写真拡大

 2018年3月に公開されるスティーヴン・スピルバーグ監督最新作『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』より、予告編と新場面写真公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、ベトナム戦争が泥沼化した1971年、国防省がベトナム戦争に関する経過や客観的な分析を記録し、トップシークレットとなっていた文書“ペンタゴン・ペーパーズ”をテーマにした社会派ドラマ。メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演するほか、監督をスピルバーグ、脚本をリズ・ハンナとジョシュ・シンガー、音楽をジョン・ウィリアムズが手がける。

 公開された予告編は、アメリカ初の女性新聞発行人として足固めをしようとしていたワシントン・ポストのキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)と、同紙の編集主幹であるベン・ブラッドリー(トム・ハンクス)が機密文書について密談しているシーンから始まり、国家の圧力がかかる中、ベトナム戦争の真実を必死に伝えようとする彼らの姿が切り取られている。一方の場面写真では、机に足をかけるハンクスや、神妙な面持ちで密談をするストリープとハンクスの姿などが写し出されている。(リアルサウンド編集部)