「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」に主演する桜田ひよりにインタビュー!

写真拡大

マージャンを題材とした人気漫画「咲-Saki-」実写化第2弾となる「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」が、テレビドラマが12月よりMBS/TBSドラマイズム枠で放送。2018年1月20日(土)からは映画が公開される。

【写真を見る】ザテレビジョンのレモンパネルを持ってスマイル!

2016年末にテレビドラマが、2017年2月には映画が公開された前作と同じ制作陣とスタッフが再集結。前作の主要人物・原村和(浅川梨奈)がかつて住んでいた阿知賀を舞台に、マージャンに青春を懸ける女子高校生たちのもう一つの物語が描かれる。

今回、主人公・高鴨穏乃(たかかも・しずの)を演じる桜田ひよりにインタビュー。初主演となる桜田に、作品への思いや撮影でのエピソードなどを聞いた。

■ 約1カ月間の“マージャン特訓”とは?

――初主演の話を聞いた時の気持ちをお聞かせ下さい。

最初にお話を頂いた時は、今回初めて主演を務めさせていただくということで、今まで以上に不安な気持ちが大きかったです。題材となっているマージャンもそれまではしたことがなかったので、不安でした。

――マージャン自体はご存知でしたか?

全く知らなかったんです。私の周りにマージャンをやっている人がいなかったこともあり、「マージャンというものがある」くらいの知識しか持っていませんでした。なので、出演が決まってからは用語などを自分で勉強しましたし、撮影に入る約1カ月前には阿知賀のメンバーみんなで特訓をしました。

――出演者発表の時にコメントされていた「約1カ月のマージャン練習」ですね。具体的にはどういったことをしましたか?

最初は用語の確認から始め、牌の持ち方や切り方などの所作もプロの方に教わりました。その後、ルールと流れを学び、撮影の合間にはキャスト陣で自動卓を使って遊んでいました。

――マージャンなどの頭を使う遊びは得意ですか?

全然得意ではないです。頭を使うことが苦手な方なので、難しかったですね(笑)。いろいろなキャストの方と交代しながら打ったのですが、皆さんうまいし、引き運も強かったです。

■ 演技で意識したのは「等身大の女の子」

――前作のドラマや映画、原作漫画やアニメなどはご覧になりましたか?

はい。特に「阿知賀編」の漫画を読んだり、監督と話し合ったりしてすごく研究しました。表情や卓へ着く際の座り方、歩き方などで、穏乃らしさを出せるようにしました。声のトーンは、アニメ版で穏乃を演じられた悠木碧さんの演技を意識したりもしました。

――穏乃の第一印象はいかがでしたか?

すごく元気で明るい子だなと思いました。物静かでしっかりしている子が穏乃の周りには多い印象なのですが、その中で一人元気に騒ぐかわいらしい子だなと。でも、一度決めたことは曲げずに全力で取り組む子なので、そこは格好良いなと思います。

――穏乃と自分で似ていると感じる部分はありますか?

元気で明るいところや、運動が好きなところは似ているなと思います。私も割とポジティブで考えるよりも先に動く部分があるので、そんなところも結構似ていますね。

――小沼雄一監督からどういった指示を受けましたか?

撮影が始まる前に言われたのは、中学3年生の私が高校1年生の穏乃を演じることについて、「あまり背伸びし過ぎず、等身大の女の子を演じてほしい」ということでした。「元気な女の子なので、気持ちとしては小学生くらいのつもりで、“大人っぽさ”は意識せずに」とも言われました。

――穏乃は山が好きな自然児ということで、山でのシーンもありましたね。

山道は上り下りがたくさんあったので苦労しました。また、そこでは憧(あこ)役の伊藤萌々香ちゃんをおぶったのですが、誰かをおんぶするのは初めての経験だったので、「痛くさせていないかな?」と意識しながらの演技は大変でした。でも、萌々香ちゃんはとても軽かったので全然問題ありませんでした(笑)。

――共演者は同年代の方が多かったですね。

女の子しかいないし歳もみんな近いので、本当に笑顔の絶えない和気あいあいとした現場でした。中でも阿知賀のみんなはほぼずっと一緒だったので、すごく仲良くなれました。

――オープニング曲とエンディング曲を阿知賀のメンバー5人で歌われるそうですが、レコーディングはいかがでしたか?

これまで人前で歌ったことがなかったので、すごくドキドキしました! でも、阿知賀のメンバーの5人中3人は普段アーティストやアイドルをやっているので、アドバイスをもらいました。灼(あらた)役の(中山)莉子ちゃんからは「楽しんでやればいいよ!」と言ってもらったのですが、私は余裕がなくて「楽しむなんて全然できないよ〜!」って返しました (笑)。

――苦労したところはありますか?

私は元々声が低いこともあるので、歌の中でキーが高い部分は頑張って声を出しています(笑)。

■ 「来年はいろいろなことに挑戦したい」

――では、ここからは少し桜田さんご自身のことについてお伺いします。桜田さんご自身が入ってみたい部活動はありますか?

バスケ部に入ってみたいなって思います。体を動かすことが好きなのですが、外に出て日焼けをしたくない気持ちもあって(笑)。

――好きなテレビ番組や、学校でありますか?

受験生なのであまりたくさんは見ていないですが、バラエティー番組は学校の周りの子と話題になることもありますし、テレビをつけて面白い番組をやっていたら見てしまいます。「世界の果てまでイッテQ!」(毎週日曜夜7:58-8:54、日本テレビ系)などはよく見ます。

――2017年は桜田さんにとってどんな年でしたか?

すごく充実した1年でした。この「咲-Saki- 阿知賀編episode of side-A」では初めての主演を務めさせていただきましたし、来年につなげられるような経験をたくさんできました。

――では、2018年はどんな年にしたいですか?

趣味をたくさん見つけたいです。これといった趣味がないので、いろいろなことに挑戦して見つけていきたいですね。

――作品の話に戻りまして、撮影で「ここが苦労した、特に頑張ったから見てほしい!」という部分を、ドラマと映画でそれぞれ一つずつ教えてください。

まずドラマについては、穏乃がさまざまな人と関わるシーンが多いので、いろいろな方々が演じるそのキャラクターたちに注目していただければと思います。服装もそれぞれ学校ごとに特色が出ていたり、歩き方なども意識して演じていたりしているので、ぜひそこも見てほしいです。

映画には、1カ月間練習してきたマージャンの集大成が詰まっています。打ち方や座り方なども注意して、気合を入れて演じたのでぜひ見てもらいたいです。

――最後に、読者へ向けて作品全体の見どころなどメッセージをお願いします。

この作品はみんなが本当にかわいく映っているので、表情や目の輝き方などを注目して見ていただきたいです。あと、やはりマージャンを頑張ってきましたし、出演者それぞれが自分の役と一生懸命に向き合っているので、そこも楽しみにしてください!(ザテレビジョン)