「スシセンサ」

写真拡大

 横河電機は産業分野のIoT(モノのインターネット)向けに、通信機能を搭載した小型無線センサー「スシセンサ」を2018年3月に発売する。プラントのコンプレッサーやポンプなどの振動と温度を測定し、機器の異常を早期に把握するとともに、故障の予知につなげられる。

 想定価格は約7万円。18年度に石油や石油化学、鉄鋼などの分野で2000台の販売を目指す。

 スシセンサは省電力で長距離通信が可能な方式「LPWA」に対応し、通信距離の延長に必要な中継器の設置が不要になる。電池で駆動し、屋外でも利用できる。スマートフォンの専用アプリケーション(応用ソフト)から、センサーを設定し、データを監視できる。